海老名版 掲載号:2018年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

認知症徘徊対策 市が保険料負担 介護者の負担軽減図る

社会

 海老名市は7月から、認知症の高齢者が徘徊時に起こす事故等に備えた保険を公費負担する「高齢者(認知症)あんしん補償事業」を始めた。県内では大和市に次いで2例目。

 認知症の症状のひとつに、記憶や見当識障害からくる徘徊行動がある。2007年には、愛知県で徘徊中の認知症男性が線路内に立ち入る鉄道事故があり、家族に約720万円の損害賠償が求められた。

 小田急・相鉄・JR相模線の3鉄道が走る海老名市は、こうした事故が起こりやすい可能性を踏まえた上で、介護者の精神的・経済的負担を軽減する目的で同事業をスタートさせた。

 今回の取組みでは、市から委託を受けた市社会福祉協議会が保険契約者となり、「個人賠償責任保険特約付き傷害保険」に加入。損害を受けた第三者へは最大3億円(個人賠償責任保険)、本人が死傷したり後遺症が残った場合には最大82万5000円(傷害死亡・後遺症障がい保険)を補償する。被保険者本人の保険料負担はない。

 加入の条件は、「はいかいSOSネットワークシステム」に登録していること。これは、事前に徘徊の可能性のあるおおむね65歳以上の高齢者情報を登録しておくことで、緊急時に市・海老名警察・保健福祉事務所の3者が捜索できるシステム。費用は無料。6月15日時点で登録している市内55人は自動的に同保険に加入済みとなる。

 市内で認知症の夫を介護する女性は「家の近くに線路があり、以前から事故を心配していた。24時間見ているのは難しいので、もしものときの不安や心配が軽減された」と安堵の声を漏らした。市の担当課は「適用事例がないのが望ましいが、万が一に備え、家族に安心を提供できたら」と話している。

 問合せは市地域包括ケア推進課【電話】046・235・4950へ。

海老名版のトップニュース最新6件

類似ブロック塀、撤去へ

海老名の将来を考えよう

地域貢献に高評価

海老名銘酒開発委員会

地域貢献に高評価

7月6日号

「乳がんの悩み共有したい」

国分南在住桜林さん

「乳がんの悩み共有したい」

6月29日号

「オークラ」が変わる

「えびなの第九」を次世代へ

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コーヒー店で写真展

大谷南在住田村さん

コーヒー店で写真展

テーマは「昔の台所」

7月1日~8月27日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク