海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年7月13日号 エリアトップへ

認知症徘徊対策 市が保険料負担 介護者の負担軽減図る

社会

掲載号:2018年7月13日号

  • LINE
  • hatena

 海老名市は7月から、認知症の高齢者が徘徊時に起こす事故等に備えた保険を公費負担する「高齢者(認知症)あんしん補償事業」を始めた。県内では大和市に次いで2例目。

 認知症の症状のひとつに、記憶や見当識障害からくる徘徊行動がある。2007年には、愛知県で徘徊中の認知症男性が線路内に立ち入る鉄道事故があり、家族に約720万円の損害賠償が求められた。

 小田急・相鉄・JR相模線の3鉄道が走る海老名市は、こうした事故が起こりやすい可能性を踏まえた上で、介護者の精神的・経済的負担を軽減する目的で同事業をスタートさせた。

 今回の取組みでは、市から委託を受けた市社会福祉協議会が保険契約者となり、「個人賠償責任保険特約付き傷害保険」に加入。損害を受けた第三者へは最大3億円(個人賠償責任保険)、本人が死傷したり後遺症が残った場合には最大82万5000円(傷害死亡・後遺症障がい保険)を補償する。被保険者本人の保険料負担はない。

 加入の条件は、「はいかいSOSネットワークシステム」に登録していること。これは、事前に徘徊の可能性のあるおおむね65歳以上の高齢者情報を登録しておくことで、緊急時に市・海老名警察・保健福祉事務所の3者が捜索できるシステム。費用は無料。6月15日時点で登録している市内55人は自動的に同保険に加入済みとなる。

 市内で認知症の夫を介護する女性は「家の近くに線路があり、以前から事故を心配していた。24時間見ているのは難しいので、もしものときの不安や心配が軽減された」と安堵の声を漏らした。市の担当課は「適用事例がないのが望ましいが、万が一に備え、家族に安心を提供できたら」と話している。

 問合せは市地域包括ケア推進課【電話】046・235・4950へ。

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

ようこそ綾瀬へ

ベトナム技能実習生

ようこそ綾瀬へ 社会

市、商工会、企業が全面支援

1月22日号

各地で出動減

2020救急件数

各地で出動減 社会

年明けからコロナ搬送急増

1月22日号

集団接種へ準備本格化

新型コロナワクチン

集団接種へ準備本格化 社会

各市、急ピッチで対応

1月15日号

コロナ病床を増床

海老名総合病院

コロナ病床を増床 社会

一般患者の入院にも影響

1月15日号

オンラインで工場見学

オンラインで工場見学 経済

綾瀬の12社、持続可能イベント

1月8日号

綾瀬、座間は中止

成人式会場開催

綾瀬、座間は中止 社会

海老名は延期へ

1月8日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

新しい生活様式で運営中

公演情報を随時更新しています。

https://ayase-bunka.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク