海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

全国初事業 口腔ケアで健康寿命延伸 海老名がモデル地区に

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
記者会見する県歯科医師会の鈴木駿介会長(右)と市歯科医師会の鈴木仙一会長(左)
記者会見する県歯科医師会の鈴木駿介会長(右)と市歯科医師会の鈴木仙一会長(左)

 (一社)神奈川県歯科医師会(鈴木駿介会長・鈴木歯科医院院長/国分寺台)はこのほど、神奈川県とともに取り組む「オーラルフレイル改善プログラム」について、8月1日から海老名市をモデル地区として実施することを発表した。県歯科医師会と市歯科医師会(鈴木仙一会長・ライオンインプラントセンター・ライオン歯科院長/勝瀬・中央)と海老名市が連携し、口腔ケアによる未病改善や健康寿命の延伸を目的に、全国初となる介入検証を推進していく。

 オーラルフレイルとは、口腔機能のささいな低下により心身が衰える”口腔の虚弱”のこと。社会活動の意欲減少や低栄養のリスクの高まり等から、要介護状態の要因になりうるとされている。

 県は人生100年時代に対応する神奈川未病改善の重点事業の一つに「オーラルフレイル改善プログラム」を掲げ、全国に先駆けて県歯科医師会とともに同事業を推進してきた。2016年度には県下65歳以上の約3300人を対象に調査を実施。17年度にはプログラム作成とともに約130人にその効果検証の調査を行った。

 この結果をもとに今年度は対象を地域へと拡大。海老名市をモデル地区として、市歯科医師会に所属する25医院の協力のもと、65歳以上の市民を対象にスクリーニング調査・改善プログラムを実施し、さらなる効果を検証していくという。

 記者発表で県歯科医師会の鈴木駿介会長は「オーラルフレイル改善のためのプログラムを開発したものが、今年度は効果検証介入調査事業となる。皆様のご協力をお願いしたい」とコメント。

 実施していく市歯科医師会の鈴木仙一会長は「海老名プロジェクトによって、健康寿命の延伸と要介護状態の改善に歯科医師の役割が重要」と話した。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

子育ての悩み共有の場に

えびなエールの会

子育ての悩み共有の場に 教育

親同士の生の声、情報交換

2月28日号

フリーアドレス試行へ

綾瀬市

フリーアドレス試行へ 社会

働き方改革で民間と連携

2月28日号

海老名3チームが関東へ

小学生ドッジボール

海老名3チームが関東へ スポーツ

県大会を席巻

2月21日号

5年ぶりに指定

綾瀬市指定文化財

5年ぶりに指定 文化

大法寺で発見の一塔両尊像

2月14日号

今年の文字は「祝輪」

座間市大凧まつり

今年の文字は「祝輪」 文化

200年続く伝統行事

2月14日号

事業継続に意欲

綾瀬市古塩市長

事業継続に意欲 政治

去就の明言は「3月に」

2月7日号

双方向で“フレイル”予防

座間市介護事業

双方向で“フレイル”予防 社会

3年で300人、じわり

2月7日号

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク