海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

海老名和楽会 本場日光で踊り披露 伝統文化に触れる

文化

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena

 「海老名和楽会」(伴節子代表)がこのほど、栃木での夏の風物詩である大イベント「日光和楽踊り」に約40人が参加し、踊りを披露した。また同会は最高位にあたる「実行委員会大会所長賞」も受賞した=写真。

 100年以上続く伝統舞踊「和楽踊り」を広めようと、伴代表が家元を務める新日本舞踊「伴翠流」の生徒たちを中心に「海老名和楽会」を立ち上げた。以降、地元を中心に様々な舞台で踊りを披露している。

 イベントは1913年に大正天皇・皇后が日光電気精銅所(現古河電工日光事業所)を視察した際に従業員らが、祝宴で踊ったことが始まりとされている。この日も多くの来場者で賑わった。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

高濃度エタノール消毒用に販売開始

熱中症のリスク増

熱中症のリスク増 社会

「マスク着用」に警戒が必要

5月29日号

「えびなの第九」中止に

「えびなの第九」中止に 文化

次回開催は2022年に決定

5月29日号

1日平均25件

コールセンター 海老名市

1日平均25件 社会

PCR検査は延べ57件に

5月29日号

台湾からマスク

「一緒に乗り越えよう」

「一緒に乗り越えよう」 スポーツ

昨夏インターハイ出場 齊藤選手

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク