海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

介護の悩み、少しでも軽く 市内医院が相談会を初実施

社会

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena
専門家に介護相談をする参加者
専門家に介護相談をする参加者

 65歳以上の高齢者人口の割合が20ないし21%に達し「超高齢社会」となっている日本。2025年には第1次ベビーブーム生まれの団塊世代がすべて75歳以上となる中で、住み慣れた地域で安心して生活を送るために医療と介護の連携などが急務となっている。

 こうした課題の解決を図るため、市内下今泉のえびな脳神経外科(尾崎聡院長)では「オレンジカフェ(介護相談会)」を8月10日、ららぽーと海老名のイベントスペース・EBICEN flattoで初開催した。

相談しやすい環境を提供

 このイベントは、海老名の地域包括支援センターや在宅医療相談室、海老名・公助社会づくり推進の会など福祉関係者の協力のもと、企画実施されたもの。

 同院では昨年4月から脳卒中や認知症に特化した通所リハビリ施設を院内に開設し、利用者から介護相談を受ける機会が増える中で相談できる場が少ないことを知り、市民の力になり貢献できたらとの思いから開催に至った。

 今回ららぽーと海老名を会場にしたのは、病院だと入りづらく感じてしまう人も、家族との買い物ついでに気軽に立ち寄ってもらえるのではとの考えから。この日は近隣住民や同院の外来・リハビリ施設の利用者らが来場し、リハビリの専門職であるケアマネージャーに介護の悩みを話して工夫の仕方などを教わった。また、介護を行っている家族や患者同士の交流も図られた。

 同院は「今後もこのような催しを実施していきたい」と話している。

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

5日から一般質問

18人が登壇予定 座間市議会

5日から一般質問 政治

コロナ関連に通告集中

6月5日号

ネット販売PR素材を無償提供

公共施設が順次再開

公共施設が順次再開 社会

3市とも慎重姿勢

6月5日号

高校生に活躍の場を

高校生に活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月5日号

ボーナスなど削減

ボーナスなど削減 政治

海老名市と綾瀬市

6月5日号

外出支援が再開

外出支援が再開 社会

6月8日から

6月5日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク