海老名版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

県議選 永井氏が立候補の意向 現職・長田氏と一騎打ちか

政治

 現海老名市議会議員の永井浩介氏(39)が、今春実施される神奈川県議会議員選挙・海老名市選挙区(定数1)に立候補する意向を明らかにした。永井氏は「海老名市が要望を挙げている点に対し、県との連携が上手くいっていない。海老名市の今後を良くしていくためにも、市と県が一つになるよう尽力したい」とコメントした。

 永井氏は現職2期目の市議会議員。杉久保小・大谷中出身で、2011年に市議選に出馬し初当選。15年には5683票を得て2期連続のトップ当選を果たした。永井氏は本紙取材に対し、「8年弱、政治に携わらせていただき、海老名に必要な課題も多く見えてきた。横浜厚木線や下今泉門沢橋線をはじめとする交通インフラや、子育てから福祉・医療など様々な事を前に進めていくにあたり、市と県との連携は必要であり、早期実現に向けて取り組みたいという思いで立候補を決意した」と語った。

 自民党公認で現県議会議員3期目の長田進治氏(53)も続投する意向を示している。長田氏は29歳で市議になり、2003年に県議選に出馬するも落選。浪人時代を経て、07年に当選以来、県議を務めている。本紙取材に対して長田氏は「ラグビーW杯や相鉄・東急直通線、(仮称)綾瀬スマートインターチェンジ等、取り組んでいかなければいけない事業が山積している。これまで以上に県議としての年齢・経験を活かしたい。自分の持てる力を精一杯発揮し、これからも地元に貢献していく」と答えた。

 県議選の告示日は3月29日、投開票日は4月7日。市選挙管理委員会によると、12月3日時点での有権者数は10万9459人だという。
 

永井浩介

海老名市国分台5-14-27

http://ameblo.jp/nagai-kohsuke/

<PR>

海老名版のトップニュース最新6件

海老名産イチゴが最高位

県いちご品評会

海老名産イチゴが最高位

1月18日号

「自然保護功労者表彰」を受賞

今里在住坂本堅五さん

「自然保護功労者表彰」を受賞

1月18日号

今春のスギ花粉「やや多い」

経済活性でより豊かに

商工会議所

経済活性でより豊かに

1月4日号

中農生栽培の米、日本一に

4期目の集大成となる年

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 8月24日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

補助金セミナー開催

補助金セミナー開催

商工会館で1月24日

1月24日~1月24日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク