海老名版 掲載号:2019年1月11日号 エリアトップへ

海老名ニューイヤーコンサートに出演する 根本 真澄さん 下今泉在住 25歳

掲載号:2019年1月11日号

  • LINE
  • hatena

癒しの美声を届ける

 ○…若きソプラノの声楽家として、海老名の新春を彩るコンサートに出演する。これまでも同舞台に立ってきたが、今回初めてプロとして臨むため一段と気合が入る。当日はコロコロと転がすように歌うコロラトゥーラの技巧を活かしたオペラ楽興を披露する予定。「ステージには本場・ヨーロッパの方も出演するので負けないように頑張ります」と美しい声で語る。

 ○…音楽との出会いは3歳で始めたバイオリン。音楽科のある高校に特待生で進学し技術を高めたが、当時出会った恩師に母から受け継いだ美声と才能を見出され声楽に転向。東京藝術大学に進み歌声に磨きをかけた。特技は絶対音感と、歌詞・音をその場で考える即興演奏。選りすぐりの出場者が集う即興コンクールで上位10人に選ばれるほどの腕前だ。新しいもの好きな性格から、自身のコンサートでは友人が作曲した新曲初演も積極的に行う。「知られざるおもしろい曲って意外とあるんですよ。マイナーな曲も伝えられたらな」

 ○…福島県出身で、高校生の時に東日本大震災を経験。自宅が半壊するなど大変な状況に陥る中、2週間で音楽の練習を再開した。こんな時に不謹慎では…と葛藤する気持ちを家族が支えてくれたという。大学入学後にオペラ歌手の崔宗宝氏が被災地の学生の音大進学を支援する奨学金を設立したことを知り応募。受領者に選抜され、18歳で音楽家の夢の舞台・サントリーホールに立つという貴重な経験も積んだ。

 ○…曲のレパートリーを広げられたらと言語習得にも力を注ぐうちに、伊・仏・露・英・独の5カ国語を話せるように。今年の目標は「海老名に根付き、特に若い世代の活動を支援すること」。母方の先祖である琵琶法師のように、歌を後世に伝え続けていく。

海老名版の人物風土記最新6

丸山 洋一郎さん

10周年記念演奏会を開催する「アンサンブル楓」の代表を務める

丸山 洋一郎さん

74歳

10月11日号

永岩 美香さん

接客コンテスト関東・甲信越大会で審査員特別賞を受賞した

永岩 美香さん

扇町在勤 29歳

10月4日号

西島 貴弘さん

2019年度海老名市PTA連絡協議会の会長を務める

西島 貴弘さん

社家在住 47歳

9月27日号

里村 修平さん

第34回市民音楽祭の実行委員長を務める

里村 修平さん

河原口在住 69歳

9月20日号

三﨑 あきほさん

国内外で活躍する「舞踊団 若竹」で活躍する

三﨑 あきほさん

東柏ケ谷在住 27歳

9月13日号

羽賀 哲さん

相模獣医師会の会長を務める

羽賀 哲さん

 56歳

9月6日号

河原崎 圭志さん

海老名サービスエリアの総支配人に就任した

河原崎 圭志さん

国分北在住 49歳

8月30日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域での生活を考える

地域での生活を考える

講演や意見交換会を実施

10月27日~10月27日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク