海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

NPO法人「海老名ガイド協会」の会長に就任した 福井 敦さん 国分南在住 73歳

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

「繋がる」楽しさ知って

 ○…国指定の相模国分寺跡や秋葉山古墳群、龍峰寺の千手観音像をはじめ、地元住民でも知られざる歴史や文化、自然を紹介し、海老名の魅力を向上させている「ガイド協会」。今年で設立15周年を迎えるにあたり「ボランタリー精神の原点に戻って、歴代の会長から受け継がれてきた『和をもって貴しとなす』の通り、皆が楽しめる会活動にしていきたい」と語る。

 ○…父の仕事の関係で生まれはサハリン。終戦後、幼少期は北海道内を転々とした後、高校・大学時代は札幌で過ごした。卒業後は仕事関係で上京し、30歳のときに海老名へ。「北海道を開拓したクラーク博士の名言”少年よ、大志を抱け”と訳した方が、海老名の人だと知って親近感が湧きましたね」と当時を思い出し感情を高ぶらせる。その後、一度は平塚に移住するも、再び海老名に来るほど、お気に入りの場所になっている。

 ○…ガイド協会への入会理由は単純に”歴史好き”であること。自宅のリビングはそれを象徴するように、さまざまな歴史ジャンルの本が棚に並んでいるのに加えて、各地の土産物などが壁に飾られている。「現役時代は仕事一筋の生活だったので、退職後は妻とともに歴史探索と旅行をセットで楽しんでいます」と顔をほころばせる。

 ○…歴史以外にも囲碁やピアノの趣味もある。若い時にハマったという囲碁は碁会所に通うほど熱心になり、アマチュア7段の腕前。一方のピアノは、娘が小学生の時に習い始めたのを機に一緒に学び、現在もクラシックを中心に発表会に出演している。「ヨーロッパ旅行は音楽の歴史を楽しめました。何でも色んな事が繋がっているんですよね」と笑みを浮かべながら、自宅そばで自身初のガイド地”国分寺跡”を見つめていた。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

三輪自転車・四輪自転車を手掛けている

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

座間市立野台在住 73歳

2月14日号

西海(にしがい) 明夫さん

3月1日に開催される「えびな還暦のつどい」で実行委員長を務める

西海(にしがい) 明夫さん

海老名市中野在住 60歳

2月7日号

小林 庄司さん

海老名で第1号の「健康サポート薬局」に認定された「ガーデン薬局」の局長を務める

小林 庄司さん

国分北在住 72歳

1月31日号

鶴田 雅之さん

海老名e―Sports協会の会長を務める

鶴田 雅之さん

中野在住 40歳

1月24日号

石田 忠さん

「えびな・おもちゃ病院」の代表を務める

石田 忠さん

国分寺台在住 76歳

1月17日号

熊切 圭吾さん

成人式の実行委員長を務める

熊切 圭吾さん

上今泉在住 20歳

1月10日号

若林 啓太(ひろたか)さん

公益社団法人 海老名青年会議所(JC)の第40代理事長を務める

若林 啓太(ひろたか)さん

中新田在住 39歳

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク