海老名版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

真打噺家・林家たけ平のちょいと一服

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena

(六)落語界の「真打」って?

 落語の世界で使われている言葉が世間一般に広がって今、皆さんが当たり前に使っている言葉って、案外多いんです。今回から、数回、ご紹介しましょう。

 まず、「真打」です。これは落語界の階級で、まず「見習」、そして「前座」、「二つ目」、最後が「真打」という階級。

「真打」の上の階級ってのは無いですね。まあ、あえていえば「ご臨終」でしょうか…。

 何故、真打というのか。江戸時代、照明として、電灯やライトはございません。当然、蝋燭の灯りを照明として使用していました。最後に出てくる人を今は「真打登場」なんてことを言いまして使いますよね。当時も最後に出てくる噺家を真打と言いました。それは、最後の噺家で終演を迎えると、蝋燭の灯りの芯を打った、打ったってのは、つまり、消したわけです。

ですから、芯を打つ(消す)、そこから最後に出てくる噺家を「真打」というようになり、現在を広く使われています。

 落語界から出た一般用語、次回もお楽しみに‼
 

海老名市今里で宅地18区画販売

海老名の不動産なら株式会社エイト

http://www.8eight.jp/

<PR>

海老名版のコラム最新6

海老名むかしばなし

海老名むかしばなし

第35話 法塔様【3】

11月29日号

青春の1ページ

市内中学校の部活動紹介

青春の1ページ

大谷中学校 自然科学部

11月29日号

青春の1ページ

市内中学校の部活動紹介

青春の1ページ

柏ヶ谷中学校 女子バスケットボール部

11月22日号

真打噺家・林家たけ平のちょいと一服

海老名むかしばなし

海老名むかしばなし

第34話 法塔様【2】

11月8日号

海老名の武将

えびな歴史めぐり【2】

海老名の武将

〜大島豊後守正時!〜

11月8日号

海老名の生き物がかり37

海老名の生き物がかり37

アメリカセンダングサ

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

シクラメン中農高で販売会

18日 午後2時30分から

シクラメン中農高で販売会

12月18日~12月18日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク