海老名版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

海老名市長選 内野氏、5選出馬へ 「やり残した仕事がある」

政治

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena
記者の質問に答える内野氏
記者の質問に答える内野氏

 現職市長の内野優氏(63)は8月23日、レンブラントホテル海老名で記者会見を開き、11月3日告示・10日投開票の市長選挙に立候補する意向を示した。内野氏は「やり残している仕事がある。市議会議員を含めた支援者らから続投の要請を受けており、元気があるうちは挑戦していきたい」と語った。

 内野氏は市議会議員を16年務めた後、1999年に市長選に初挑戦するも400票差で落選。4年後の2003年に再度出馬し、自身を含む新人3人での争いを49票の僅差で制し、初当選を果たした。以後、4期16年にわたり市政を担っている。

 記者会見で内野氏は、前日に行われた後援会の協議で「5期目への挑戦が承認された」と言及。人口増加に対する保育園・学校教室不足や、高齢化などを含めた2025年問題への対応、駅周辺や工業地域の活性、公共施設計画の再編など、今後の海老名で”対応すべき仕事”が残っているとして11月の市長選に立候補するとした。

 また、4期目の実績に対する自身や外部の評価、9月30日に実施される「ごみの一部有料化」などについても説明。「ごみ処理場の再構築に際して本郷地域の方に3年かけてご納得をいただいた。(迷惑施設の設置に理解してくれた)地元の方と約束をした”ごみの減量化”を果たさなくてはいけない。綾瀬や座間では、海老名にごみ処理場がある事を知らない人もいる。こうした事も含めて、海老名を代表して積極的に伝えていく」とコメント。このほか、中学校給食の導入に向けた動きなども話した。

 5選は現職市長としては県内最長となるが、内野氏は「気力、体力があり、リーダーシップをとっていく行動力があれば、挑戦するべきと考えている」と回答した。

 投開票まで残り2カ月となる市長選だが、内野氏以外に立候補の動きはなく、無投票となれば1991年以来となる=8月28日現在。

海老名版のトップニュース最新6

「救急出動」が過去最多

市消防本部

「救急出動」が過去最多 社会

前年を超える7413件

1月24日号

日本JCの組織拡大議長に

海老JC所属曽根氏

日本JCの組織拡大議長に 経済

海老名での実績認められ抜擢

1月24日号

関東大会に出場

海老中吹奏楽部金管八重奏「金八」

関東大会に出場 文化

アンサンブルコンテストで

1月17日号

本郷の武井さんがV2

県いちご品評会(果実の部)

本郷の武井さんがV2 経済

「高級ブランド化めざす」

1月17日号

ひと月に約800人来場

高座クリーンセンター

ひと月に約800人来場 社会

地上50m展望室など人気

1月10日号

新会館建設に注力

商工会議所三田会頭

新会館建設に注力 経済

将来を見据えたサービスを

1月10日号

将来を見据えた動きを

将来を見据えた動きを 政治

内野市長、新春インタビュー

1月1日号

海老名市今里で宅地18区画販売

海老名の不動産なら株式会社エイト

http://www.8eight.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でお金を学ぶ

親子でお金を学ぶ

2月29日 有馬図書館で

2月29日~2月29日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク