海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

10周年記念演奏会を開催する「アンサンブル楓」の代表を務める 丸山 洋一郎さん 74歳

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena

音楽の感動を分かち合う

 ○…ハープとヴァイオリンの中間のような清澄な音色を奏でる擦弦楽器「プサルタ」。その魅力や演奏の楽しさを伝えている『アンサンブル楓』の発起人として指揮を執る。結成から10年、今では各方面から依頼を受け、年30回を超える演奏会を開催している。会のモットーは、誰もが知る童謡や唱歌、歌謡曲を選び、一緒に歌ってもらうこと。「歌詞カードは使わずにスクリーンに映すことで顔が上向き、喉も開くので自然と舞台との一体感が生まれる。合奏を楽しむだけでなく会場の皆さんとも感動を共有したい」

 ○…メンバーが弾くプサルタはすべて自身の手作り。材木選びから加工、組み立て、調弦のほか、楽譜ソフトを駆使して曲のアレンジまで一手に担っている。楽器作りとの出合いは、アルプスホルンの演奏メンバーを募集する記事を見掛けた20年前。「楽器は丹沢の木で自作すると知って、工作好きの血が騒いだ」と笑う。その後もプロ顔負けの技術で、プサルタや胡弓などを手掛けてきた。「楽器には『こうでなければいけない』という規則は無く、音合わせも耳に心地が良いかどうか。作る喜びと弾く喜びがあるから続けられている」と語る。

 ○…北関東出身。もの作りの原点はラジオの構造が知りたくて分解してしまった少年期まで遡る。工業高校卒業後は富士ゼロックスへ。長年、技術開発に携わっただけに職人気質かと思いきや、ウイットに富んだ会話と温和な雰囲気で女性ばかりの会を上手に導いている。「指導の難しさもあるけれど、やめる人もおらず、楽しくやっている」

 ○…「海老名おわら四季の会」の副会長も務め、こちらも胡弓の奏者として発表会を控えている。「30代で三味線の音に衝撃を受けて10年続けたことが今に繋がっている」。この先も音楽が人生を彩る。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

三輪自転車・四輪自転車を手掛けている

楢原 秀太郎(ならはらひでたろう)さん

座間市立野台在住 73歳

2月14日号

西海(にしがい) 明夫さん

3月1日に開催される「えびな還暦のつどい」で実行委員長を務める

西海(にしがい) 明夫さん

海老名市中野在住 60歳

2月7日号

小林 庄司さん

海老名で第1号の「健康サポート薬局」に認定された「ガーデン薬局」の局長を務める

小林 庄司さん

国分北在住 72歳

1月31日号

鶴田 雅之さん

海老名e―Sports協会の会長を務める

鶴田 雅之さん

中野在住 40歳

1月24日号

石田 忠さん

「えびな・おもちゃ病院」の代表を務める

石田 忠さん

国分寺台在住 76歳

1月17日号

熊切 圭吾さん

成人式の実行委員長を務める

熊切 圭吾さん

上今泉在住 20歳

1月10日号

若林 啓太(ひろたか)さん

公益社団法人 海老名青年会議所(JC)の第40代理事長を務める

若林 啓太(ひろたか)さん

中新田在住 39歳

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク