海老名版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

アジアコンバットレスリング選手権大会で優勝した 伊左次 雄介さん 国分北在住 28歳

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena

柔道の未来を創りたい

 ○…投げ技や締め技、関節技を競う総合格闘技「コンバットレスリング」のアジア選手権で優勝し、来年開催の世界大会に挑む。「今まで柔道で培ってきた力を発揮できた。ほかの競技でも通用することを証明できて嬉しい。この調子で世界チャンピオンを目指したい」と力を込める。

 ○…生まれも育ちも国分北。6歳から柔道を始めるも、小柄で気弱な性格ゆえに試合や練習で泣くこともしばしば。転機となったのは、小学2年生で出場した全国大会。「激戦を勝ち抜いて優勝したことが自信につながり、『いつか世界一の選手になりたい』という目標ができた」。その後、めきめきと頭角を現し、全日本や国際大会の表彰台を独占。名門の国士館中学・高校で鍛え上げられ、高校時代には念願の世界一の座を手にした。

 ○…「今までの経験を通じて、子どもたちに夢に向かって努力することの大切さを伝えていきたい」。大学卒業後は、小学生の頃から師事する五輪金メダリスト・吉田秀彦氏の道場で師範として指導。また小学校で教鞭を執る傍ら、格闘技大会に出場し、生き様を体当たりで伝えてきた。「教え子に挑戦したり頑張る姿を見せたくて」。リング上の姿からは想像ができないが、オペラ歌手の母親とバリトンの歌声を披露する一面も持つ。「母が元気なうちに共演したいという思いがあった」と照れ笑いする。

 ○…来年は市内で柔道教室を開設し、礼節や思いやりなど、人として大切なことを託していこうと考えている。「海老名には本格的に柔道を習える環境がなく、自分も都内や横浜まで通っていた。未来を担う子どものために、自分が海老名の柔道を創りたい。いつか教え子が五輪に出場してくれたら」。固い信念で、夢を形にしていく。

海老名版の人物風土記最新6

三橋 正春さん

海老名保護区保護司会の会長を務める

三橋 正春さん

上今泉在住 71歳

12月6日号

木村 千恵子さん

令和元年度秋の叙勲で瑞宝単光章を受章した

木村 千恵子さん

柏ケ谷在住 77歳

11月29日号

中村 惠さん

「海老名市めぐみ町MUSIC FES 2019」を主催する

中村 惠さん

69歳

11月22日号

鈴木 由紀さん

NPO法人「CAP凸凹(でこぼこ)神奈川」の理事長を務める

鈴木 由紀さん

55歳

11月8日号

朱里(しゅり)さん(本名・近藤朱里)

演劇と音楽と格闘が融合した「魔界」で主要キャストを務める

朱里(しゅり)さん(本名・近藤朱里)

東柏ケ谷出身 30歳

11月1日号

関 敏幸さん

神奈川県石油協同組合高座支部の支部長を務める

関 敏幸さん

国分寺台在住 57歳

10月25日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク