海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

(公社)海老名青年会議所の会員拡大に尽力した 皆木 明さん 杉久保南在住 29歳

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena

成長掴みに行動へ

 ○…若手経済人らが集まる(公社)海老名青年会議所(以下JC)は県内JCの会員増強において、3年連続の神奈川1位を獲得。JC歴3年と浅いながらも”負けず嫌い”という性格が買われ、会員人数を増やす”拡大・交流委員会”の委員長に今年度抜擢。他の模範となる活動をした個人に贈られる”最優秀メンバー拡大賞”に選ばれた。「親しい友人を中心に、JCの良さを伝えていった。お世話になっている人に恩返しをするつもりで頑張っていたので、まずは一安心」と朗らかな様子で話す。

 ○…仕事は建築修理などを手掛ける、「(有)皆木板金」の専務を務める。30年前に父が創業し高校卒業とともに家業に入ることを決めていた。先輩からの指導を受け技術を磨く日々。職人仕事らしく、当初は居残りで鍛錬を積むこともしばしばだったという。尊敬する人は父。「仕事でも私生活でもまだ敵わない。いつかは肩を並べたい」と背中を追う。

 ○…そんな父と同様に育ててくれたのは、横浜高校野球部時代の恩師・渡辺元智監督。有馬中学校野球部から推薦で進学したが、県内トップクラスの強豪校の壁は厚く、ベンチ入りまでで出場は叶わなかった。しかしながら「野球が全てではない。人生の勝利者になれ」という名将のもと、社会に必要な精神はここで培った。「様々な選択肢があるけれど、自分が決めた道を曲げずに歩む。そういう事を教わりました」

 ○…「質より量。こなせば、自然に質も上がってくる」。どんな出来事でも自分が決めたら経験値を早く積む努力を怠らない。それが近道になると分かっているからだ。「人生において、まだまだチャレンジ時期。失敗を恐れずに行動していきたい」と力強く語る。

海老名・座間・綾瀬版の人物風土記最新6

久留島 綾子さん

女性として初めて、えびな安全安心ステーションの指導員になった

久留島 綾子さん

安全安心指導員 60歳

4月3日号

服部 敬吾さん

収益を子ども食堂に寄付した「相武台前ちょい呑み」で実行委員長を務めた

服部 敬吾さん

座間市栗原在住 44歳

3月27日号

倉田 永輝さん

「K-1 Krush」でプロデビュー2戦目で初勝利した

倉田 永輝さん

海老名市柏ケ谷在住 18歳

3月20日号

吉間 哲矢さん

学習と自然体験ができる新しい形の塾「やおき塾」を営む

吉間 哲矢さん

座間市ひばりが丘在住 37歳

3月13日号

小南(こみなみ) 永二さん

消防団協力事業所に認定された株式会社コナンの社長を務める

小南(こみなみ) 永二さん

海老名市国分在住 47歳

3月6日号

桜林 裕子さん

バリアフリーのダンスサークルを運営している

桜林 裕子さん

海老名市国分南在住 66歳

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク