海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

海老JC所属曽根氏 日本JCの組織拡大議長に 海老名での実績認められ抜擢

経済

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
会員拡大に向けて期待される曽根氏
会員拡大に向けて期待される曽根氏

 2019年度の海老名青年会議所(海老名JC)理事長を務めた曽根友基氏がこのほど、(公社)日本青年会議所(日本JC)の組織拡大戦略会議の議長に就任した。これは40年続く海老名JCでも初めてだという。曽根氏は「日本の発展に向けて、このような大役を仰せつかり光栄です。海老名の代表として、しっかりと結果を残せるように取り組みます」と話した。

 青年会議所は20〜40歳まで若手経済人らにより組織され、ボランティアや行政改革等のさまざまな社会的課題に取り組んでいる団体で、全国692の地域にあり約3万3千人の会員が所属。日本JCは麻生太郎氏や小泉純一郎氏など著名人らが所属していたことでも知られている。こうした一方で人口減少などを背景に、全国で会員確保が叫ばれるなど「メンバー増強」は喫緊の課題の一つとなっていた。

 この対策として今回、海老名JCで全国トップの会員拡大に尽力した曽根氏が抜擢された。同氏は市内中央に本社を構える不動産企業「(株)スモット」の代表取締役を務める傍ら、地域貢献をしようと海老名JCで活躍。中でも”拡大委員会”でその手腕を発揮した経験から、全国組織の拡大に向けてタクトを振る立場に立った。

 曽根氏は「JCは国際目標である”SDGs”について日本で一番推進している組織。この一つであるジェンダー平等、女性活躍推進に向けて注力し、女性会員の拡大を図っていく。会員増強に伸び悩んでいる全国の青年会議所に向けて発信し、日本全国を盛り上げていきたい」と抱負を語った。

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

海老名3チームが関東へ

小学生ドッジボール

海老名3チームが関東へ スポーツ

県大会を席巻

2月21日号

5年ぶりに指定

綾瀬市指定文化財

5年ぶりに指定 文化

大法寺で発見の一塔両尊像

2月14日号

今年の文字は「祝輪」

座間市大凧まつり

今年の文字は「祝輪」 文化

200年続く伝統行事

2月14日号

事業継続に意欲

綾瀬市古塩市長

事業継続に意欲 政治

去就の明言は「3月に」

2月7日号

双方向で“フレイル”予防

座間市介護事業

双方向で“フレイル”予防 社会

3年で300人、じわり

2月7日号

重要文化財を守る訓練

市消防

重要文化財を守る訓練 社会

龍峰寺で市内初の実施

1月31日号

会員増強で初の日本一

海老名JC

会員増強で初の日本一 経済

前回2位の雪辱果たす

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク