海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年4月24日号 エリアトップへ

エンビジョングループ 座間市へ支援継続中 5月は「スマイルマスク」も

社会

掲載号:2020年4月24日号

  • LINE
  • hatena

 座間市広野台の株式会社エンビジョンAESCジャパン(松本昌一代表取締役兼CEO)を傘下にもつ中国の再生エネルギー大手・エンビジョングループが、座間市へのマスク寄贈を続けている。3月は延べ3回で1万9300枚、5月にも寄贈を予定している。

 日産自動車座間事業所に併設する同社は主に、電気自動車の日産「リーフ」にリチウムイオンバッテリーを供給している。座間には本社機能と生産拠点があり約1000人が勤務。中国に本拠地を置くグループは世界各国で再生エネルギー事業を展開している。

 座間の工場はもともと日産自動車が所有していたが、2018年にエンビジョングループ(レイ・ジャンCEO)に譲渡された。地域ではオートモーティブエナジーサプライ(AESC)として知られていた。

ラインを応用

 グループでは、新型コロナウイルスの感染拡大が始まった2月にアメリカやデンマークでマスクを調達。拠点がある日本に5万枚を送り、座間市には3月19日に1万枚、26日に3千枚、4月9日に6300枚を寄贈した。ほかにも関係のある横浜市や相模原市にも寄贈している。

 グループはさらに、中国江蘇省で風力発電に使用するタービンを製造している工場のクリーンルームを応用して、1日8万枚を生産生産している。ここで生産したマスクは最終的に1日10万枚となる見通しで、「スマイルマスク」として欧米やアジア各国へ輸出し、各地の自治体などに寄贈を続するという。

 エンビジョンAESCジャパンの今泉利國広報担当部長は「座間市に寄贈させていただいたマスクは2月に調達したもの。5月にはスマイルマスクが届く予定です」と話す。今回のマスク生産ラインは新型コロナウイルスが終息すれば廃止するものだという。

市長が謝意

 座間市の遠藤三紀夫市長は「大変ありがたい寄贈で心より感謝している」とし、感染拡大でマスク不足がひっ迫する医療機関などへ優先的に配布しているという。

マスクの生産ライン
マスクの生産ライン

お葬式から樹木葬まで

地域で30年以上。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

ようこそ綾瀬へ

ベトナム技能実習生

ようこそ綾瀬へ 社会

市、商工会、企業が全面支援

1月22日号

各地で出動減

2020救急件数

各地で出動減 社会

年明けからコロナ搬送急増

1月22日号

集団接種へ準備本格化

新型コロナワクチン

集団接種へ準備本格化 社会

各市、急ピッチで対応

1月15日号

コロナ病床を増床

海老名総合病院

コロナ病床を増床 社会

一般患者の入院にも影響

1月15日号

オンラインで工場見学

オンラインで工場見学 経済

綾瀬の12社、持続可能イベント

1月8日号

綾瀬、座間は中止

成人式会場開催

綾瀬、座間は中止 社会

海老名は延期へ

1月8日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

新しい生活様式で運営中

公演情報を随時更新しています。

https://ayase-bunka.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク