海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年9月4日号 エリアトップへ

中学生ゴルフ 新地さんが全国大会優勝 3年生中心の試合で存在感発揮

スポーツ

掲載号:2020年9月4日号

  • LINE
  • hatena
ジャパンジュニアカップの女子の部で優勝した新地真美夏さん(左)と男子の部で5位に入賞した秀哉さん(右)
ジャパンジュニアカップの女子の部で優勝した新地真美夏さん(左)と男子の部で5位に入賞した秀哉さん(右)

 座間市立相模中学校1年生の新地(しんち)真美夏さんが、8月18日に静岡県の東名カントリークラブで行われた「2020ゴルフダイジェスト・ジャパンジュニアカップ」の12〜14歳の部女子で優勝の栄冠に輝いた。

「ゴルフダイジェスト・ジャパンジュニアカップ」は毎年8月に3日間、中高生を対象に開催されている大会。

 今年度は新型コロナウイルス感染防止のため、大会日程を1日に短縮し、今年最終学年の中学3年生と高校3年生を優先し先行エントリーを行っていた。中学1年生新地真美夏さんは先行エントリーの後に大会へ申し込みし出場した。

 大会当日は全国から39

人の女子中学生が参加し、パー72の18ホールで腕を競い合った。

 新地さんは自身が得意とする基礎に忠実で堅実なプレースタイルで前半9ホールで首位タイに躍り出ると、首位3人、一打差に3人が続く接戦のまま後半戦を迎えた。

 出場選手のうち3年生が約半分を占める中、自分より飛距離を出す先輩の姿を見て、緊張をする場面もあったというが、後半戦も一歩も引かずリードを維持。

 終盤では「上位入賞が見えて緊張の糸が切れかけた」とバンカーぎりぎりにショットを打つ危ない場面もあったが、全ホール中ボギーは2回に抑え安定した実力を発揮した。

 新地さんは「コロナの影響で半年ぶりに大会に参加したので緊張した。自粛期間中に下半身の強化や、パターの精度を高めたので、努力の結果が出たと思う。夢のプロ入りに向けて結果を積み重ねたい」と話した。

兄妹で上位入賞

 同大会の12〜14歳の部男子には真美夏さんの兄で相模中3年生の秀哉さんが出場し、59人中5位タイで入賞した。

 試合は女子の部と同じホール数で争われ、秀哉さんは1ホールでボギー、2ホールでパーと出だしは振るわなかったが、距離が長いホールでバーディーを出しスコアを稼いだ。秀哉さんは「難所を攻略できたのが自信になった。次は優勝したい」と話した。

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のトップニュース最新6

新たなイベント様式探る

新たなイベント様式探る 文化

10月31日に「あやせ復活!」

10月16日号

平野さんに正力松太郎賞

宗仲寺前住職

平野さんに正力松太郎賞 教育

幼児教育に長年尽力

10月16日号

あわや大惨事に

タウンレポート

あわや大惨事に 社会

94歳運転手、猛スピード横断

10月9日号

佐藤新市長が初登庁

座間市

佐藤新市長が初登庁 社会

コロナ対策「喫緊の課題」

10月9日号

「海老名サンド」で街おこし

「海老名サンド」で街おこし 社会

地域ブランド確立へ 有志が企画

10月2日号

延期の落成式挙行

綾瀬市商工会

延期の落成式挙行 経済

「経済界のシンボル、活用を」

10月2日号

地域で開業40年

テイクアウト用にお弁当や焼き餃子を販売中

http://5414.pr.arena.ne.jp/mn-id131/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク