海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

寄付

経済

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
古塩市長と志澤会長(右)
古塩市長と志澤会長(右)

◆ブライトピック

 養豚・精肉販売の有限会社ブライトピック(志澤輝彦代表取締役、綾瀬市吉岡)が16日、綾瀬市の児童福祉に現金100万円を寄付した。志澤勝取締役会長が古塩政由市長に目録を手渡した。

 志澤会長は「創業当時に県の施設から豚のエサを提供してもらい救われた。仕事が軌道に乗って以来、恩返しの寄付を続けている」と話した。

 古塩市長は「日頃からの寄付に感謝している。コロナ禍で不安を抱える家庭を保健師が訪問している。フードバンクや子ども食堂などに活用したい」と謝意を述べた。

◆県中央地域労働者福祉協議会

 大和市、海老名市、座間市、綾瀬市の64社約1万5400人が加入する県中央地域労働者福祉協議会(大島雄二会長)が16日、綾瀬市社会福祉協議会(樋口賢一会長)に未使用のタオル239本を寄贈した。大島会長らが社協を訪れ、樋口会長に手渡した。

 大島会長は「毎年メーデー(5月1日)に『タオル一本運動』として未使用のタオルを集め4市に寄付している。今年はコロナ禍で開催できず1市のみの寄贈となった」と話した。樋口会長は「未使用のタオルは市内の施設でとても喜ばれている。早速配りたい」と謝意を述べた。

樋口会長と大島会長(右)
樋口会長と大島会長(右)

緑のある暮らしをサポート

剪定・刈込・伐採など植木のお手入れ承ります!

https://ueki-ya.com/

至高の休日スタイル

自然素材と本物であることにこだわり、お客様の価値観を仕立てる工務店

安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のローカルニュース最新6

綾瀬市  「減量化は喫緊の課題」

持続可能な【ゴミ社会から資源社会】へ3市ゴミ行政の過去と未来 全3回連載最終回

綾瀬市  「減量化は喫緊の課題」 社会

5月14日号

緑化と交流の思い新たに

緑化と交流の思い新たに 文化

2年ぶり緑化祭りで記念植樹

5月14日号

バラの楽園

バラの楽園 文化

一般開放は中止

5月14日号

いつもありがとう

いつもありがとう 社会

集積所にメッセージ

5月14日号

ゆりの会が水彩展示会

駅前で自由にお絵かき

駅前で自由にお絵かき 社会

5月15日 扇町アウトドアパーク

5月14日号

新しい生活様式で運営中

公演情報を随時更新しています。

https://ayase-bunka.com/

シニアライフいきいき応援窓口

外に出て何かしたい。仕事、趣味なんでもまず相談 090-2315‐5361

https://webc.sjc.ne.jp/zama/index

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter