海老名・座間・綾瀬版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

(PR)

海老名総合病院 2023年春に新棟 県央の救急医療を支える病院機能強化へ

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 海老名総合病院で、いよいよ今秋から新棟建設の工事が始まる。新棟には救命救急センターや手術等の高度医療に必要な機能が集約され、県央地域における救急医療体制のさらなる充実が期待される。竣工は2023年の予定。工事期間中も、外来・入院・救急機能および海老名メディカルプラザの外来診療は通常通り行われる。

今秋工事スタート

 海老名総合病院は2017年、県央地域で初となる救命救急センターの指定を受け、県央地域の救急医療体制の充実に努めてきた。2019年度は年間1万7863人の救急患者を受け入れ、救急車の応需率は95%を誇る。県央エリアの医療を支える基幹病院として、「断らない救急医療」の実現に尽力している。

 同院では海老名駅周辺の開発、および県央地域における人口増を見据え、さらなる救急医療ニーズの拡大に対応できる機能を整備する必要があると判断。現在の「新館」の西側にある既存建物と駐車場の土地を利用し、新棟建設を決めた。

「本館」病棟は新棟へ移動

 新棟は大きな三角形型で、6階建て。1階部分には救急医療に必要な機能を集約し、より効率的な医療サービスの提供ができる。また、現在の本館にある病棟は全て新棟へ移動する。

 同院の服部智任病院長は「県央エリアの医療を支える基幹病院としての使命を果たすべく、地域密着型の救急機能強化を目的とした増改築工事がついに始まります。工事期間中は患者様や近隣の皆様にご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます」と話した。

駐車場を新設9月23日から利用開始

 新棟建設に伴う増改築工事が9月から開始され、駐車場が新たに設置された。

 2023年春に竣工予定の新棟が建設されるのは、新館の西側。予定地にあたる第1駐車場は9月19日に閉鎖され、9月23日からは、小田急小田原線の高架を挟んだ場所に「第5駐車場」(新館徒歩1分、収容166台)が設置されている。

社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス(海老名総合病院)

海老名市河原口1320

TEL:046-233-1311

http://ebina.jinai.jp/

顔が見える安心、お葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

海老名・座間・綾瀬版のピックアップ(PR)最新6

15年振りのN響

チケット発売中

15年振りのN響

11月2日 厚木市文化会館

10月23日号

自宅施術で通院困難を解決

コロナ禍の救世主・訪問マッサージ

自宅施術で通院困難を解決

健康保険が適用できる

10月23日号

リフォーム・水廻り相談会

10月31日(土)・11月1日(日) コロナ対策完全予約制

リフォーム・水廻り相談会

 タカラ海老名ショールームで

10月23日号

足のだるさ、ウィズコロナ時代に悪化する「下肢静脈瘤」

新規開院

足のだるさ、ウィズコロナ時代に悪化する「下肢静脈瘤」

相模原町田血管外科クリニック

10月23日号

1滴の血液で「がんリスク」を判定

キズ・ヘコミ即修理

キズ・ヘコミ即修理

激安なのに短時間でキレイに!

10月23日号

地域の奉仕団体

タイへの介護用品寄贈やポリオ撲滅に力を入れています

http://www.ebina-rc.org/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

海老名・座間・綾瀬版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名・座間・綾瀬版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク