座間版 掲載号:2011年3月25日号
  • googleplus
  • LINE

選抜高校野球大会 予定通り23日に開幕 東海大相模は27日(日)に関西高と対戦

スポーツ

地元住民による寄せ書きが選手に送られた
地元住民による寄せ書きが選手に送られた

 東日本大震災の影響で中止が懸念されていた「第83回選抜高校野球大会」が予定通り、3月23日に阪神甲子園球場で開幕した。東海大学付属相模高等学校の初戦は27日(日)で、岡山県の強豪・関西高等学校と対戦する。

 主催の毎日新聞社と日本高等学校野球連盟による臨時運営委員会が18日に大阪で開かれ、当初の予定通り開催することが決定した。一方、被災者などへの配慮として、開会式の簡素化、ナイターでの試合を回避するための時間短縮。さらに、スタンドでの鳴り物を使用した応援の禁止などが、臨時運営委員会の協議で決められた。

 決定を受けて、東海大相模の野球部員らも19日に甲子園に向けて出発。当日は選手たちを激励しようと、座間や相模原の有志による「地元応援実行委員会」(金子匡甫委員長)のメンバーや学校関係者、保護者が多数集まった。選手を見送った金子委員長は「社会情勢を考えると大会中止の可能性もあったので、(開催が決まり)ホッとしました」と安堵した表情で話すとともに、「チームの調子も良い。初戦を突破すれば波に乗ると思います。選手たちのプレーから勇気をもらえれば」と期待を寄せていた。

 出発の際には、相模原市南区の野村謙一区長らが発案したという3種類の寄せ書きが、選手へと手渡された。これは、相模原市の南区合同庁舎と東林まちづくりセンター、地元応援実行委員会事務所の3ヵ所に、3月8日から17日まで置かれていたもので、市民が自由に書き込めるようになっていた。「めざせ全国制覇」「努力は嘘をつかない。努力をしている東海大相模は負けない」「みんなに夢と感動を!」などと応援メッセージが書かれていたほか、選手や門馬敬治監督のイラスト付きの寄せ書きもあった。

応援を自粛

 臨時運営委員会での決定を受け、同校でも学校全体での応援を自粛することに。昨年の同大会や夏の甲子園で披露された吹奏学部のブラスバンド演奏が中止され、生徒による応援委員会も不参加となった。

 地元応援実行委員会では27日の試合を、事務所(相模原市南区相南4―11―20)で観戦する。一般の人が一緒に応援することも可能とのこと。また、大会終了まで支援金を受け付けている。詳細は、事務局【電話】042(746)0488、【携帯電話】️080(2468)5777まで。

 大会には、大きな被害があった宮城県の東北高等学校も出場。全国から32チームが揃い、優勝を目指して熱戦が繰り広げられる。23日から12日間の日程で行われ、決勝戦は4月3日(日)の予定となっている(雨天順延)。
 

甲子園に向け出発する選手たち
甲子園に向け出発する選手たち

10/14家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

2年連続関東GPへ

座間高軽音部

2年連続関東GPへ

10月12日号

日本一へ、いざ出陣

市消防団第5分団

日本一へ、いざ出陣

10月12日号

100m走で世界一

宮本義久さん(相模が丘)

100m走で世界一

10月5日号

丸山不動尊の謎に迫る

座間ニア検定100回記念

丸山不動尊の謎に迫る

10月5日号

BMX高みめざし鍛錬

渡邉佑太さん(座間中1年)

BMX高みめざし鍛錬

9月28日号

地価上昇ゆるやかに

座間市

地価上昇ゆるやかに

9月28日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和の競演楽しむ

和の競演楽しむ

三曲協会が演奏会

10月14日~10月14日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク