座間版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

相武台南口 交通拠点設置を目指す 行政・地域協力し実現へ

社会

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena
勉強会で示された今後の方向性(市発行「勉強会ニュースレター」より)
勉強会で示された今後の方向性(市発行「勉強会ニュースレター」より)

 5年後、10年後の座間市はどうなっているのか――。相武台前駅南口では、イベントや交通の拠点となる駅前広場を作ろうという計画がある。これまで地域住民による勉強会(ワークショップ)なども行われてきた。今後のスケジュールなどは未定だが、実現に向け座間市も調整中で、近い将来、座間市の表玄関として新たな拠点ができる予定だ。

 相武台前駅南口には現在、バスやタクシーの拠点がなく、さがみ野駅方面に向かう場合は駅反対側の北口にあるターミナルでバス・タクシーに乗り、踏切を超えて向かうことになる。踏切周辺の道路は急カーブしていて、バスが通過するときは誘導員が歩行者などの安全を確認している。

 地域住民対象の勉強会は2018年10月から12

月までに相武台コミュニティセンターで3回行われ、1回目には周辺エリアの課題を出し合い、意見交換を行った。その後の勉強会の中で、踏切を渡るバス路線の吸収、一般車も駐停車できるスペースの確保、駅からの直結通路、イベント会場の確保、バリアフリー整備など駅前広場ができることで、周辺地域が抱えている課題を解決できる可能性や、将来の利便性の向上を探った。

 相武台前駅周辺は座間市都市マスタープランで、座間とさがみ野の両駅とともに、市民生活を支えるとともに都市のにぎわい創出する「地域拠点」に位置付けられている。南口周辺では商店が並び、自治会や商店会が主催するイベントを開催するなど地域をあげて、にぎわいを創出してきた。

地域・行政で作る快適・安全なまち

 しかし同地域も以前は、「ベビーカーが通れない」と、駅前から相模が丘方面に向かう市道5号線を地域住民と行政が協力して、道路を整備してきた。歩道もなく段差が多い道路で、改善を願う声を受け、約10年越しの2014年度に拡幅工事が終わり、現在の状況となった。拡幅前は道路でイベントなどできなかったが、現在では歩行者天国にして踊りや演奏、仮装などが楽しめるイベントを開催し、多くの人が訪れている。

 この南口駅前広場構想は一昨年の勉強会を受け、事業は行政内で検討され実現に向け進もうとしている。座間市は、関連機関や地元住民などと調整していきたいとしている。数年後、相武台地域に新たなシンボルが誕生する予定だ。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

6月オープン アスカひばりが丘

「強制されずに自分のペースで暮らしたい」という方向けの住宅型有料老人ホーム。

https://www.asuka-care.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク