座間版 掲載号:2012年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

県政報告 震災がれき受け入れについて 県議会議員 やまもと俊昭

 今、震災復興の一環として黒岩知事が表明した震災がれきの受入れについて一部の県民から、安全性に懸念の声が上がっています。

 周知の通り、今回の震災で被害の大きかった東北三県では、各県が保有する一般廃棄物の年間処理能力をはるかに超える、3県合わせて平均10倍もの量のがれきが各所に野積みされたままになっており、処理のあてなく放置されたがれきが復興の大きな障害になっています。

 私も昨年の11月に被災地の視察に行って参りましたが、野積みされた膨大な量のがれきを目の当たりにして本格的な復興を実現するには、がれきの処理が必要不可欠であると強く感じた次第であります。

 東京都がすでに受け入れている岩手県の宮古市のがれきは、震災で事故のあった福島原発から250Km以上離れており、これは神奈川から福島原発の間隔とほぼ同じ距離です。また、がれき搬出の際には放射能の計測を実施しており、住民の不安払拭に向けて更なる安全対策を図っています。

 今年は震災復興元年です。一日も早く被災地の復興が実現出来るよう、私たち神奈川県民も協力しようではありませんか!
 

山本 俊昭 神奈川県議会議員

座間市座間1-3393-2

TEL:046-255-8418

http://www.yamamoto-toshiaki.com

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の意見広告・議会報告最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク