座間版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

コミュニティセンター 自由にネットアクセス コミセンに「FREE SPOT」を導入

社会

目印となるシールも
目印となるシールも

 座間市では、市内のコミュニティセンターに、市民が持ち込んだパソコンから自由にインターネットにアクセスできる「FREE SPOT」を、5月18日から導入した。民間のホテルや飲食店で導入している場所はあるが、自治体で一斉に始めるのは、県央地域で初、全国的にも珍しい例だという。

 FREE SPOTとは、無線通信を利用してデーターの送受信を行うLANシステム(=無線LAN)によって、ユーザーがインターネットにアクセスできる環境のこと。パソコン周辺機器メーカーの(株)バッファローが幹事を務める協議会が運営している。

 FREE SPOTは市内8つのコミュニティセンターに導入された。無線LAN機能が内蔵されたノートパソコンやゲーム機、無線LANカードを装着したノートパソコンがあれば、誰でも利用できる。

 設置費用は、モデムの購入代として1台1万5750円、8館合わせて12万6千円。また、ランニングコストは、有害サイトへのアクセスを制限する「iフィルター」が1館あたり年間5250円、全館で4万2千円となる。

設置の経緯

 市民協働課によると、コミュニティセンターにはこれまでパソコンが無く、利用者からは設置を望む声があがっていた。設置も検討されたが、費用がかさむこと、一般家庭でのパソコン普及率が上がり導入のメリットが薄れていること、団体の打ち合わせでノートパソコンを持ち込む人がいることなどを踏まえ、据え置き型のコンピューターではなく、インターネットを開放するサービスのほうが需要があると判断した。また、スマートフォンやタブレット型の端末が普及していることも一因となった。

 同課では「コミュニティセンターを楽しく利用するために、ぜひ新サービスを活用してください。そして、来館者が増えてくれれば」と期待を寄せていた。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

太公望にんまり アユ活況

指導者でパラ五輪めざす

三田村宗明さん(座間在住)

指導者でパラ五輪めざす

6月1日号

ヒマワリで新名産品を

自宅を「プチ美術館」に

河本慶子さん

自宅を「プチ美術館」に

5月25日号

保全活動、着実に前進

座間のホタルを守る会

保全活動、着実に前進

5月18日号

合同チームで県央V

座間・東中男子バレー

合同チームで県央V

5月18日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク