座間版 掲載号:2012年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

物流施設 プロロジス座間2が竣工 稼働中の1と合わせ、国内最大級の規模に

社会

免震構造や緊急地震速報を取り入れた施設
免震構造や緊急地震速報を取り入れた施設

 広野台に建設が進められていた、マルチテナント型物流施設「プロロジスパーク座間2」がこのほど完成し、9月5日に竣工式が開かれた。隣接地で稼働中の「プロロジスパーク座間1」と合わせた総敷地面積は、約11万平方メートルになり、全国でも最大級の物流施設となる。

 竣工式には、プロロジス(日本本社/東京都千代田区)の山田御酒(みき)代表取締役社長、遠藤三紀夫市長、施設を設計施工した(株)フジタなどの関係者が出席した。式典で山田社長は、座間2について「災害に強く、安全で安心な施設」と紹介するとともに、「座間市の発展に貢献したい」と抱負を話していた。遠藤市長は「災害時発生時に、地域と施設で協力できれば」と期待を寄せていた。

 座間2は地上5階建てで、敷地面積は4万9821平方メートル、延床面積は11万6103平方メートル。ネット通販などを手掛けるマガシーク(株)をはじめとする3社の入居が決まっている。施設の特徴としては、東日本大震災の発生を受けて、免震構造や、館内全体向けの緊急地震速報システムを採用している。また、同社は、省エネルギーの施設開発や再生可能エネルギー活用を推進しており、座間2でも約1000キロワットを出力する太陽光発電システムを導入する予定となっている。

 プロロジスパークは、複数の企業がテナントとして入り活用する物流施設。現在、日本国内では51棟が運営、開発中となっている。座間では、座間1が2009年に作られ稼働している。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

太公望にんまり アユ活況

指導者でパラ五輪めざす

三田村宗明さん(座間在住)

指導者でパラ五輪めざす

6月1日号

ヒマワリで新名産品を

自宅を「プチ美術館」に

河本慶子さん

自宅を「プチ美術館」に

5月25日号

保全活動、着実に前進

座間のホタルを守る会

保全活動、着実に前進

5月18日号

合同チームで県央V

座間・東中男子バレー

合同チームで県央V

5月18日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク