座間版 掲載号:2012年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

児童養護施設成光学園 史上初の六連覇に挑戦 福祉施設駅伝大会に出場

教育

子どもたちは2カ月にわたる練習でチームワークを深めた
子どもたちは2カ月にわたる練習でチームワークを深めた

 緑ケ丘の児童養護施設「成光学園」(矢部雅文園長)が、11月10日(土)に横浜市の子どもの国で開かれる「第45回児童福祉施設駅伝大会」に出場する。同学園は大会5連覇を成し遂げており、今年は前人未踏の6連覇に挑む。

 同大会は県児童福祉文化体育協会が主催している。県内の児童福祉施設などに通う子どもたちが健脚を競う。チーム構成の基本は高校生2人、中学生4人、小学生2人となる。1区間2・4Kmで、総距離は8区間19・2Km。今年は、オープン参加をのぞいて、19チームが優勝を争う。

強さの秘密

 同学園は2007年に初優勝し、そこから1位を守り続けている。10年以上前は入賞こそあれ、優勝争いに加わるチームではなかったが、職員の漆原豊和さんが監督に就任してから大きく変わった。

 強さの秘密は、その練習量にある。練習は9月から始まり、大会まで毎日続く。この2カ月間で7、8回の記録会があり、トータルタイムで選手が選ばれる。20人ほどが練習に参加するが、選手として出場できるのは16人のみ。チームメイトは仲間でもあり、手ごわいライバルでもある。しかし、厳しく長い練習を通じて、子どもたちには自信とチームワークが育まれる。今年は2チームを編成する予定で、選手は9日(金)に発表される。

 高校2年生の男子は、「6連覇を成し遂げる自信があります。それだけの練習をしてきました」と力強く語る。漆原監督は「今年も優勝します。そして、今後も歴史を刻み続けたいです」と目標を話した。

女子も1位へ

 10日に同時開催される「第20回児童福祉施設女子駅伝大会」には、同学園も出場する。

 昨年は十数年ぶりの出場ながらも、4位入賞と健闘した。チームをまとめる中学2年生の女子は「今年は1位を狙いたいです」と話した。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

太公望にんまり アユ活況

指導者でパラ五輪めざす

三田村宗明さん(座間在住)

指導者でパラ五輪めざす

6月1日号

ヒマワリで新名産品を

自宅を「プチ美術館」に

河本慶子さん

自宅を「プチ美術館」に

5月25日号

保全活動、着実に前進

座間のホタルを守る会

保全活動、着実に前進

5月18日号

合同チームで県央V

座間・東中男子バレー

合同チームで県央V

5月18日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク