座間版 掲載号:2013年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

青木富美子さん(南栗原) 警察署に癒し届ける 玄関に生け花を飾り15年

夫の國彦さんと二人三脚で花を届けている
夫の國彦さんと二人三脚で花を届けている

 座間警察署の正面玄関に、季節の花々が常に飾られている。これは、市内南栗原在住の青木富美子さん(80歳/雅号は青木美朝)が手掛けたもの。約15年間にわたり、花を活け続けている。

 富美子さんは1955年頃に華道の流派「春汀流」に入門し、活け花を始めた。現在は市華道協会に所属している。

 警察署で活けるようになったきっかけは、1999年のお正月。同協会が市内の公的な施設に生け花を飾り、富美子さんは警察署を担当した。この時に、当時の署長から「時々でもかまわないので、続けてもらえないか」と相談を受けたという。中途半端には出来ないと迷いもしたが、夫の國彦さん(82歳)と相談し、引き受けることを決めたという。

 富美子さんは「常に咲いているように」と、週に2回ほど、座間警察署を訪れて花を新しくしている。國彦さんも一緒で、花瓶の移動や花の清掃を手伝う。

 活けている花の多くは、國彦さんが自宅で育てているもの。100品種近くを育てており、肥料を与えたり、霜が降りるのを防ぐために手入れしたりと、富美子さんを裏から支えている。

功績に感謝

 長年の功績に対して、警察署からは賞状も贈られている。陶山和美警察署長は「ご夫婦で花を活けていただいて感謝しています。出勤時に花が玄関にあると、気持ちがやすらぎます」と喜んでいた。富美子さんは「警察署の方々は、緊張感の多い仕事をしています。花を見て気を和ませていただければ」と話していた。
 

座間版のトップニュース最新6件

スマーナの中高生、来日

座間市国際姉妹都市

スマーナの中高生、来日

7月27日号

鈴鹿明神社の「夏」到来

通行人、着実に増加

相模が丘仲よし小道

通行人、着実に増加

7月20日号

雪辱誓い、いざ全国へ

座間高創作舞踊部

雪辱誓い、いざ全国へ

7月20日号

豪雨被災地へ支援を

災ボラ・社協市自連

豪雨被災地へ支援を

7月13日号

座間場所から3人、全国へ

わんぱく相撲

座間場所から3人、全国へ

7月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク