座間版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

東中学校元校長 生徒住所録を不正使用 卒業生に私的郵便物

教育

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena

 市教育委員会は10月17日、市立東中学校の元校長(64歳/2011年定年退職)が、在職時に入手した2010年度の住所録を不正使用し、名簿に登録されている卒業生472人に私的郵便物を発送したと発表した。 

 市教委によると、元校長は10月初旬、宗教法人が創設する大学のパンフレットや書籍などを、住所録の情報を使って郵送。14日以降、市教委や東中に保護者から問い合わせが相次いだことで発覚した。

 市教委が17日に元校長に確認したところ、在職中の生徒名簿38年分を保管していること、そのうち私的利用したのは、東中の2010年度分のみであると説明した。この時に持参した名簿は、その場で返却され、残る分についても翌週20日に返却された。

 取材に対して元校長は、口頭でのコメントを控えた。17日の事情確認の際は、市に対し「職をしりぞいても、卒業生たちを教え子だと考えており、進路選択や生き方のアドバイスになればと思った」と郵送の意図を説明したという。

 今回の事態を受けて市教委は17日、小学校11校と中学校6校の臨時校長会を開催するとともに、各校の住所録の管理状況を調査。使用目的を明らかにし、年度ごとに回収して処分するよう指示した。

再発防止へ統一基準

 住所録は、家庭訪問や連絡などを目的に作成されるもの。作成・管理に関する統一基準は設けられておらず、各校に任されている。

 17校のうち、年度ごとに回収し処分しているのが12校、教職員個人で廃棄しているのが4校、作成していない学校が1校。管理については校長や教頭が担うケースが多く、各教職員に配布しているのは4校になるという。

 市教委では、住所録の作成方法や部数、管理と処理についての原則的な基準を定めて、10月中に各校に文書で通知する予定だ。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク