座間版 掲載号:2014年11月14日号 エリアトップへ

ボクシング井上尚弥選手 2階級制覇に挑戦 年末にビッグマッチ

スポーツ

掲載号:2014年11月14日号

  • LINE
  • hatena
30日は、尚弥選手(左)と弟・拓真選手が揃って試合。お互いの対戦相手も兄弟という、「兄弟対決」となった※写真提供/後援会
30日は、尚弥選手(左)と弟・拓真選手が揃って試合。お互いの対戦相手も兄弟という、「兄弟対決」となった※写真提供/後援会

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者の井上尚弥選手(21歳/栗原中央)が11月6日、所属する大橋ボクシングジム(横浜市)で記者会見を行い、王座を返上し、2階級上のWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチに挑戦すると発表した。試合は12月30日に東京体育館で行われ、対戦相手は同級王座を11回防衛しているオマール・ナルバエス選手(アルゼンチン)。

 2012年のプロデビュー後、ライトフライ級で戦ってきた尚弥選手。今年4月に国内最速で世界王者になると、9月には初防衛に成功した。しかし、10kgもの減量によって、ベストコンディションから遠い状態での試合を余儀なくされており、かねてから階級転向を表明していた。

 スーパーフライ級はライトフライ級の2階級上で、上限体重が約3kg上がる。1階級上のフライ級転向の可能性もあったが、尚弥選手は6日の記者会見で「自分の適正階級はスーパーフライ級。一番力を発揮できる」とコメント。トレーナーの父・真吾さんも「最大限のパフォーマンスが出せる」と話した。

 王者・ナルバエス選手は、43勝1敗という戦績を持ち、2階級で合計27回の世界王座防衛を成し遂げている。12月30日は「スーパーチャンピオン」とのビッグマッチとなったが、尚弥選手の国内最速2階級制覇が期待される。

井上兄弟VSナルバエス兄弟

 会見では、世界ランカーの弟・拓真選手(18歳・同)のプロ4戦目も発表された。相手は、同じく世界ランカーのネストール・ナルバエス選手(アルゼンチン)。オマール・ナルバエス選手の弟で、30日は奇しくも「兄弟対決」となった。

 兄弟揃っての大一番に向け、「井上尚弥・拓真後援会」の工藤元(げん)会長は「300人規模の応援団を作り、2人を応援したい。地元・座間からも多くのサポーターに足を運んでもらえると嬉しいです」と応援を呼びかけている。チケットなどの問い合わせは後援会【FAX】046・211・6338または【メール】boxteaminoue@gmail.com。そのほか問い合わせは工藤会長【携帯電話】090・2422・7207。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク