座間版 掲載号:2014年11月21日号 エリアトップへ

渡辺一守さん(座間在住) 腕相撲、日本一に 慣れない競技 力で制覇

社会

掲載号:2014年11月21日号

  • LINE
  • hatena
丸太のような太さの腕を持つ渡辺さん。対戦相手を力で圧倒し、初の日本一に輝いた
丸太のような太さの腕を持つ渡辺さん。対戦相手を力で圧倒し、初の日本一に輝いた

 腕相撲日本一を決める「第8回 全日本体重別腕相撲選手権大会」が11月9日に東京都で開かれ、座間在住の渡辺一守(かずもり)さん(42歳)が、男子上級クラスの85kg超級・右腕部門で初優勝した。渡辺さんが主戦場とするアームレスリングとは似て非なる腕相撲のルールに、苦戦を強いられたが、力で対戦相手をねじ伏せて日本一の称号を掴んだ。

 日本腕相撲協会が主催する大会。出場者は体重や利き腕などによって各クラスに分かれ、優勝を争う。85kg超級・右腕部門には、全国各地から集まった腕力自慢、約10人が参加した。

 アームレスリング歴10年の渡辺さん。怪我で思うように大会に出られていないが、県の優勝経験がある実力者だ。指導者としても活動中で、相模原市南区の新磯ふれあいセンターで毎週水曜日に指導を行っている。

 ただ、アームレスリングと腕相撲は、似ているようで大きく異なる競技。アームレスリングは、決められた位置に肘を固定するが、腕相撲は、肘を台上で自由に動かすことができる。試合の形勢に応じて、肘の位置や力の入れ方を大きく変えたりと、独特のテクニックが必要とされる。

 腕相撲の経験が浅い渡辺さんは、このルールに苦しんだ。戦い方を熟知する相手のテクニックによって、組んだ手が外れて仕切り直しになる試合も多く、予選リーグと決勝リーグ合わせて100本以上をこなしたという。さらに、つき指という怪我にも見舞われた。疲労も重なり満身創痍での戦いとなったが、持ち前の腕力と握力で予選と決勝を勝ち抜き1位に。「慣れない競技で苦しみましたが、日本一になれて嬉しい」と初優勝を喜んだ。

 今後は、怪我の状態にもよるが、アームレスリングでの関東制覇を目指す予定。さらには、「いつか全日本へ」と意気込んでいる。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク