座間版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

自民・芥川氏が初当選 三つ巴の県議選制す

政治

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
当選が決まり、支援者らと万歳をする芥川氏(写真中央)
当選が決まり、支援者らと万歳をする芥川氏(写真中央)

 任期満了に伴い4月12日に投開票された県議会議員選挙・座間市選挙区(定数1)で、元市議会議員で自民党新人の芥川薫氏(43・入谷)が1万6640票を獲得し、初当選を果たした。4期目を目指した現職・山本俊昭氏(52・座間)と、元市議で神奈川ネットワーク運動新人の牧嶋とよ子氏(54・座間)は、それぞれ1万2122票と8561票で及ばなかった。投票率は過去最低の36・72%で、県下でも最も低い数字となった。

投票率、過去最低36・72%

 県議選は2011年が無投票だったため8年ぶり。保守系の山本氏と芥川氏、神奈川ネットの牧嶋氏、三つ巴の選挙となった。

 市選挙管理委員会によると、投票率はこれまで最低だった1999年(38・56%)を1・84ポイント下回り、36・72%。4月4日から11日までの期日前は6364票だった。

 投票区別にみると、鳩川児童館や市公民館など西部地域が軒並み40%を超えたのに対して、小松原コミセンやひばりが丘小学校体育館など東部は30%台に留まり、「西高東低」の傾向が顕著だった。

芥川薫氏

 市議1期目を辞しての挑戦。自民党公認に加え、遠藤三紀夫座間市長や星野勝司前市長、同僚だった市議らの応援を受けた。

 芥川氏は、当選を確実視した午後11時30分頃、支持者らが集まる事務所に姿を見せた。大きな歓声と拍手で迎えられると、1人ひとりと握手を交わした。

 「保守同士の争い。断腸の思いで、立候補を決めました」と振り返るとともに、「多くの皆さんに支えられ、勝利することが出来ました」と感謝の言葉を述べた。さらに、1万6640票は「期待票」だとし、「国と市のパイプ役として、これから4年、明日の座間のためにしっかりと働きます」と抱負を語った。

山本俊昭氏

 2003年から3期連続で県議を務め、「12年の実績をもとに、残った地域の課題を解決したい」と再選を目指して立候補した。

 無所属で臨み、これまでの取り組みに加えて、圏央道の厚木パーキングエリアのスマートインターチェンジの早期実現、座間南林間線の整備、県有施設耐震化の推進などを有権者に訴えた。

 13日には、事務所で報告会を開催し、支援者らに、「支援してくれた皆さんの声に応えたかった。力が及ばず申し訳ありませんでした」と声を詰まらせながら語った。

牧嶋とよ子氏

 「市議8年の経験を活かして、地方から国政の在り方を変えたい」と、神奈川ネットワークの公認、民主党の推薦を受けて、2度目の県議選へ。若者の就労支援や待機児童解消など、多様な働き方や生き方を支える仕組みづくりを提言した。

 12日の深夜、取材に応じた牧嶋氏は結果について、「有権者に政策を届けきれなかった」と悔しさを滲ませた。「今回の経験をバネに、今後も市民に政策を訴え続ける」と更なる活動に意欲を見せていた。

再選を目指した、山本氏
再選を目指した、山本氏
2度目の挑戦となった牧嶋氏
2度目の挑戦となった牧嶋氏

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク