座間版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

西中出身伊藤洸輝さん 飛込み競技で五輪目指す JOCアカデミーに入校

スポーツ

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
西中学校に在学している時は、全国大会を連覇をした
西中学校に在学している時は、全国大会を連覇をした

 世界を舞台に活躍するアスリートを育てるJOC(日本オリンピック委員会)エリートアカデミーに、3月に市立西中学校を卒業した伊藤洸輝(ひろき)さん(15歳)が、飛込み競技の選手として入校した。国内有数のトレーニング施設とトップレベルの指導者のもと、将来のオリンピック出場を目指す。

「目標は金メダル」

 アカデミーは国際競技力の向上・維持、スポーツを通じて社会貢献できる人材育成などを目的に2008年に開設。優れた素質を持つ、中学生から高校生までを対象にしている。選手は、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)を生活拠点に、近隣の学校に通いながら「競技力」に加え「知的能力」と「生活力」を育む。8期生は水泳・卓球・フェンシングなど4競技から4人で、今月5日に入校式が執り行われた。

 伊藤さんも都内の高校に通学しながら練習に励む。コーチを務める毒島(ぶすじま)泰士さんは、その特徴について、高難易度の技に必要不可欠な「パワー」を持っていること、そして努力を怠らない「気持ちの強さ」を秘めていることを挙げる。「まだ粗削りですが、技術や体の使い方を学べば、もっと伸びる」と太鼓判を押す。

恩師の言葉が夢の後押しに

 飛込みは、高さ数mの台からジャンプし、入水するまでの動作の正確性や美しさを競う。伊藤さんは小学1年の時に、相模原市水泳協会所属の「S・D・T」(相模原ダイビングチーム)に入会した。

 同チームで出会ったのが、恩師と呼べる兪金魁(ユ キンケイ)さんだ。実は、小学校低学年の頃は、今ほどのめり込んでいなかったそう。本格的に志すきっかけとなったのが、兪さんの「いつか一緒にオリンピックに行きたい」という一言だった。「その想いに応えたい」――。4年の時に親から「本気で取り組む気持ちがあるなら続けなさい。無ければ、辞めなさい」と問われた時も、この言葉が後押しとなったという。

 6年から頭角を現し始め、静岡県で行われた全国大会「とびうお杯」で初優勝。中学1・2年の時は、全国JOCジュニアオリンピック大会を連覇した。

 これまでの実績が認められ、水泳連盟からアカデミー挑戦を打診されたのは昨年。「こんな機会は人生で二度と無い。選手として、人間として自分を成長させる大きなチャンス」と、地元を離れてのチャレンジを決めた。

 将来の目標は、オリンピックでの金メダル獲得だ。20歳で迎える、2020年の東京大会も視野に入っている。「世界で戦える力を身に付けるため、もっと練習に励みたい」と意気込んでいる。

恩師の兪さん(左)から指導を受ける伊藤さん
恩師の兪さん(左)から指導を受ける伊藤さん

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク