座間版 掲載号:2015年4月24日号 エリアトップへ

三協フォートサービス オダサガの半世紀追って 変遷辿る写真展

文化

掲載号:2015年4月24日号

  • LINE
  • hatena
▲ともに藤原さんと親交があったという故・原貢さんと辰徳さん(提供=原家)
▲ともに藤原さんと親交があったという故・原貢さんと辰徳さん(提供=原家)

 半世紀にわたる小田急相模原駅周辺の変遷を辿る写真展が、4月28日(火)から30日(木)までの3日間、ラクアル・オダサガ4階の「おださがプラザ」で催される。同駅近くに店を構え、写真撮影や販売を50年間手掛けてきた「三協フォートサービス」(座間市相模が丘5の3の9/藤原和雄社長)が、「地域の歴史を後世に伝えたい」と企画した。

 「オダサガ」の愛称で親しまれる同地区は、今でこそ高層マンションが立ち並び商業店舗も多いエリアだが、1950年当時は空き地が散見される未開発エリアだったという。東海大学付属相模高等学校が1963年に開校したことにより高校生の往来は増えたものの、「まだ家がぽつぽつと建っている程度で、建築物はまだ少なかった」と藤原さんは振り返る。

 業務以外でも街の様子を撮影してきた藤原さんは、同社が50周年を迎えたのを機にイベントを企画。写真を取り扱う会社として、「これまでに記録した地域の歴史を後世に伝える義務があるのでは」と、開業当時から現在までの街の変遷をテーマに掲げた。

 期間中は同社が撮影した写真約60点に加え、行政や地元商店街から提供されたものも展示される。入口には今年3月に撮影したばかりだという航空写真を、大きく掲げる予定だ。

東海大相模付高の「あゆみ」も写真に

 同展では、小田急相模原駅エリアとは「切っても切れない」関係だという東海大付高の半世紀をクローズアップするコーナーも設けられる。

 故・原貢さんと、読売ジャイアンツ監督の原辰徳さん親子の貴重なツーショット写真が見られるほか、同校が1970年に甲子園で初優勝した際のパレードの様子なども紹介。同校協力のもと、甲子園の優勝盾も並べられるという。

 また、「南の海で生まれた丹沢・伊豆の化石展」も同時開催される。太古の丹沢は熱帯火山島だったとする仮説を裏付ける「サンゴ化石」も公開。28日と30日の午後3時から5時と29日の正午から午後2時には東海大相模付高元教諭で「県立生命の星博物館」(=小田原市)外来研究員である門田真人さんによる解説も行われる。

 午前10時から午後6時、入場無料。問い合わせは同社【電話】042・742・8889へ。

▶1970年頃と思われる小田急相模原駅(提供=座間市)
▶1970年頃と思われる小田急相模原駅(提供=座間市)
甲子園優勝パレードは、異様な熱気に包まれた
甲子園優勝パレードは、異様な熱気に包まれた

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク