座間版 掲載号:2016年6月17日号 エリアトップへ

乳がん・子宮頸がん検診無料券 市、活用を呼びかけ 15年度利用率 10%下回る

社会

掲載号:2016年6月17日号

  • LINE
  • hatena
新規対象者向けの乳がん検診クーポン
新規対象者向けの乳がん検診クーポン

 座間市が発行している、乳がん・子宮頚がん検診の無料クーポン券の利用が伸び悩んでいる。2015年度の利用率はともに10%を下回っており、市では活用を呼びかけている。

 クーポン券は国の補助事業を活用して、市が2009年度から配布している。09年度から5年間は、乳がんは40〜60歳、子宮頚がんは20〜40歳の女性に5歳刻みで配った。14年度からはそれぞれ40歳と20歳の人に配るとともに、過去の対象者で利用していなかった人にも「再配布」している(15年度は年齢条件あり)。今年度の新規対象者は合わせて1611人で、6上旬に発送した。4000人弱の再配布対象者には8月に送る予定。

 券を利用すれば、自己負担金が無料となる。受診できるのは、指定医療機関による「施設検診」と、市が定期開催している「集団検診」のどちらか。

 市健康づくり課によると15年度の対象者は乳がんが6195人、子宮頚がんが3831人となっており、利用者はそれぞれ576人(9・3%)と240人(6・2%)だった。

 利用率が低い要因について同課は、乳がんについては受診できる医療機関が2施設と少ないこと、子宮がんは20代前半への啓発が思うように進んでいない点を挙げる。市は乳幼児検診やイベントで活用を呼び掛けているものの、改善につながっていないという。同課職員は「(クーポン券は)検診を無料で受けることができる機会。早期発見・早期治療のためにも、対象者はぜひ使ってください」と話している。

 問い合わせは同課【電話】046・252・7225。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

皮膚温材料にサギ待った

皮膚温材料にサギ待った 社会

市内銀行にカメラ試験設置

1月17日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク