座間版 掲載号:2016年10月28日号
  • googleplus
  • LINE

(仮称)イオンモール座間 18年春に開業へ 日産の旧座間工場跡地に

社会

店舗のイメージパース
店舗のイメージパース

 イオンモール(株)(千葉県/吉田昭夫代表取締役社長)が今月17日、市内広野台のカレスト座間近くに「(仮称)イオンモール座間」の出店を決定、建築着工したと発表した。開業は2018年春の見通し。売り場面積は、神奈川県のイオン店舗で最大規模になる。

県内イオンで最大規模

 所在地は日産自動車(株)座間事業所の工場跡地(広野台2丁目)で、敷地面積は約5万8千平方メートル。地上3階建の店舗棟と、地上5階建の立体駐車場棟が建てられる。駐車台数は約2500台。売場面積はおよそ5万平方メートルとなり、座間市近くのイオンモール大和(約3万5千平方メートル)を大きく上回る。

 店舗のコンセプトに「SMART”ZAMA LIFE”WITH AEON」を掲げており、同社は「地域に、より一層の賑わいやコミュニティを醸成する施設の実現をしていきます」としている。出店理由については、市が県内有数の住宅都市であること、国道246号線に近く広域からの集客が期待できる点などを挙げた。

 出店は、市が2013年に策定した「広野台二丁目地区計画」に基づいたもの。当初は2015年春の開業が見込まれていたが、市・県・県警の交通協議の遅れなどによりずれ込んでいた。

 今回の発表を受けて遠藤三紀夫市長は「市民交流の場としても検討してもらっている。公共交通網の核となり、人が集まることによって表れる効果を期待している」とコメント。広野台に住む30代の男性は、「近場で買い物できるようになり嬉しい。地価にも良い影響を与えるのでは」と喜ぶ一方で、「交通量が増えることで、渋滞や子どもの事故が心配。しっかり対策して欲しい」と話していた。

周辺道路の渋滞対策

 市では渋滞対策として、敷地西側に隣接する「市道38号線」と、敷地北側の県道50号線(座間街道)沿いの小松原交差点の改良を挙げている。市道38号線は開業までに拡幅した上で、座間南林間線との交差部分に信号を設ける計画。

 小松原交差点は現在、道路が直角に交差しておらず周辺道路に渋滞を引き起こす一因となっている。これを2018年度までに十字型に改良し、交通の流れをスムーズにする予定。
 

改良が予定されている小松原交差点
改良が予定されている小松原交差点

座間版のトップニュース最新6件

凧文字、今年は「葵翔」

新庁舎の運用始まる

市消防本部

新庁舎の運用始まる

2月16日号

3月16日開業へ

イオンモール座間

3月16日開業へ

2月16日号

振込め防止へ寸劇上演

座間総高演劇部

振込め防止へ寸劇上演

2月9日号

初のJアラート訓練

MOA美術展で全国銅賞

相東小6年清遠元皓(きよとおもとあき)君

MOA美術展で全国銅賞

2月2日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

雛人形一千体がお出迎え

雛人形一千体がお出迎え

座間神社でアート展

3月2日~3月4日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク