座間版 掲載号:2016年10月28日号
  • LINE
  • hatena

さがみ野出身大江竜聖投手 巨人からドラフト指名 強豪校で名を轟かせ

スポーツ

部員や監督らと喜ぶ大江選手(中央)※学校より写真提供
部員や監督らと喜ぶ大江選手(中央)※学校より写真提供

 10月20日に開かれたプロ野球ドラフト会議で、市内さがみ野出身で二松学舎(にしょうがくしゃ)大学附属高校(東京都)の大江竜聖投手(17歳)が、巨人から6位で指名を受けた。座間市出身の選手がドラフト会議で指名されるのは、2009年に当時の横浜ベイスターズに入団した安斉雄虎さんに続いて2人目。

飛躍の裏に、父の支え

 同校で、会議の様子を見守っていた大江選手。巨人の6位指名が発表されると、チームメイトや学校関係者は歓喜に包まれた。仲間に胴上げされてから臨んだ記者会見では「活躍できるよう切磋琢磨していきたい」などと抱負を語った。

 身長173cmと小柄ながら、最速149キロの直球や制球力が持ち味。全国的に注目されたのは2年前、夏の甲子園予選決勝だった。エースに代わって登板して延長戦まで投げ切り、同校初の夏の甲子園出場を手繰り寄せた。本大会では今村大輝捕手との1年生バッテリーで、その名を轟かせた。翌年3月のセンバツでも、1試合16奪三振と力投。この年の秋季大会では、早稲田実業高校の清宮幸太郎選手から三振を奪って話題を呼んだ。

家族一丸となって

 三人兄弟の末っ子として生まれ、幼稚園から野球を始めた。東原小と南中の出身で、小学3年から6年にかけて「イーグルス座間」に所属。中学時代はクラブチーム「横浜ヤング侍」の中心選手として活躍した。

 これまでの野球人生を支えたのが父・広志さん。小学生の頃はイーグルスの監督として指導し、高校になってからは「どの試合も二松学舎のホームとなるように」と応援に声を枯らした。大江選手が小学生の時に離婚してからは、仕事をしながら家事にも奔走。姉・麻実さんと兄・隼人さんとともに、サポートしてきた。

 寮生活を送る大江選手が家で過ごす際は、野球の話題は出さない。「休むために帰ってくる。話したいことがあれば、竜聖から喋るだろうし」と広志さん。全国で注目される強豪野球部のエースとして、大きな重圧を感じているであろう息子を優しく見守ってきた。

 ドラフトで指名を受け、小さい頃からの夢だった「プロ野球選手」が現実味を帯びてきた。広志さんは「気持ちの強さは、指名選手のなかでもナンバーワン」と太鼓判を押し、「プロの世界は厳しいと思うが、怪我なく、大好きな野球に一生懸命取り組んでほしい」とエールをおくった。

イーグルス時代の大江選手(右)と広志さん(後列)
イーグルス時代の大江選手(右)と広志さん(後列)

座間版のトップニュース最新6件

走って新時代を祝う

モノづくりの楽しさ知る

11月30日に開業

相鉄・JR直通線

11月30日に開業

4月12日号

芥川薫氏が2期目

県議会選挙座間市選挙区

芥川薫氏が2期目

4月12日号

子育て支援センター移転

新1年生にリーフレット

座間交通安全協会

新1年生にリーフレット

4月5日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

チャリティコンサート

チャリティコンサート

サロンZAMA

4月27日~4月27日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク