座間版 掲載号:2017年4月7日号 エリアトップへ

海老名総合病院 救命救急センター設置へ 県央エリアで初

社会

掲載号:2017年4月7日号

  • LINE
  • hatena
海老名市河原口にある海老名総合病院
海老名市河原口にある海老名総合病院

 社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス(JMA)が運営する「海老名総合病院」(服部智任病院長)が、4月1日から「救命救急センター」を開設した。県内で同センターが無かったのは県央エリア(座間・海老名・綾瀬・大和・厚木・愛川・清川)のみで、さらなる救急医療体制の充実が期待される。

 三次救急医療機関に位置付けられている「救命救急センター」は、入院治療を必要とする重症救急患者を受け入れる「二次救急医療」では対応できない、複数の診療科領域にわたる重篤な救急患者を扱う高度な医療を総合的に提供することができる。

 これまで県央地区の受け入れは、近隣の北里大学病院や東海大学病院などが役割を担ってきた。1983年に開院した海老名総合病院は、二次救急医療機関として地域医療の中核を担ってきた。昨年の救急出動件数のうち海老名市内の約80%を、座間・綾瀬では約40%を同病院から出動し、約8千台の救急車を受け入れた。この内、重篤患者数は968件となっている。

「断らない救急」目指す

 同病院では、高齢化を背景に救急出動件数が年々増加してきたことなどを理由に、2015年から救命救急センターの開設準備を開始。救急専用の病棟20床を整備したほか、MRIの増設やセンター専属医師と救急救命士の増員を図った。

 同病院ではセンターの開設により、年間1万台の救急車の受け入れを行うことで、コンセプトとする「断らない救急医療」を実現していく方針だという。

 JMAグループの広報部は「地域の需要に応え、社会医療法人としての責務を果たしていく。また、患者様からの『どこに相談すればいいのか』という声をなくすべく、今後は相談窓口を設け、必要なサービスがスムーズに提供できるようにしていきたい」と話す。同法人は、昨年に座間総合病院を開院した。
 

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク