座間版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

ママチャリ日本GP 座間チームが全国2位 無段ではチャンピオンに

スポーツ

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena
表彰状2枚を掲げるメンバーとサポートした関係者
表彰状2枚を掲げるメンバーとサポートした関係者

 1151チームが参加した「第11回ママチャリ日本グランプリ チーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権」が1月7日、静岡県の富士スピードウェイで行われた。昨年9月に開かれたママチャリ座間グランプリで優勝し、出場権を獲得したチーム「いっちょやってみっか」のメンバーを中心とした座間チームが総合2位、無段ギアのクラスでは優勝と快挙を成し遂げた。

座間GPの実力生かす

 同グランプリは、タイヤが26インチの買い物カゴ付自転車(ママチャリ)で、富士スピードウェイのレーシングコースを7時間走り続けるもの。国際大会にも使用されている本格的なコース(1周4563メートル)を交代で走り、その周回数と最終通過タイムを競う。1チームは3人から10人で編成される。

 NPO法人足跡の会(溝渕信一理事長)が主催した座間グランプリを、5人チームで制した「いっちょやってみっか」は、優勝特典として日本GPの出場権を得ていた。

 招待チームとして参加したため「座間ママチャリGP優勝チーム」として登録し臨んだ大会。競技時間が座間GP(4時間)に比べて3時間長くなることから、知人や昨年座間GPの優勝者といった2人が加わり、7人でチームを組んだ。

若い力で快走

 チームのリーダーを務める小松原在住の佐久間崚さん(18)ら、「いっちょやってみっか」のメンバーは、ロードバイクを楽しむ仲間で、普段から脚力を鍛えている。今大会に臨むにあたり佐久間さんたちは、正月明けてすぐなので、体を動かすように心掛けたという。無段ギアで参加したことについて佐久間さんは「座間では無段ギアで優勝したので、日本GPでも無段で優勝できればかっこいいかなと思って」と話す。

 メンバーは佐久間さんのほか、座間GPを制した酒井駿さん(21)、平澤恭(18)、饗場啓太さん(18)、鈴木一麿さん(17)と新たに加わった松本陸さん(17)、齊藤龍哉さん(19)の7人で、高校生や大学生など学生を中心としたチーム。足跡の会の会員や保護者などがサポートする中、レースはスタートした。

 快調に走り続け、一時はトップに立つこともあった同チーム。7時間で49周、223・6キロメートルを走り抜けた。総合優勝したチームとは同じ周回数だったが、最終通過タイムが2分50秒及ばず惜しくも2位となった。しかし、無段ギアのクラスでは最も多く走り「ワールドチャンピオン」の称号を得た。

無段優勝に満足

 佐久間さんは「総合優勝できなくて残念でしたが、チーム力でしっかり戦えて、無段では優勝できたので良い結果が残せたと思います」とレースを振り返り、来年の座間GPに向けては「仮装して出てみようかな」と笑顔で話していた。

 足跡の会の溝渕理事長は、同チームの活躍を祝し、祝勝会を2月4日(日)、オークラフロンティアホテル海老名で開催する予定。時間は午後6時から。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク