座間版 掲載号:2018年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

相模が丘・東林住民ら 東海大相模の球児応援 センバツ期間、事務所開設

スポーツ

優勝を祈願し「ガンバロー」三唱をする関係者ら
優勝を祈願し「ガンバロー」三唱をする関係者ら
 東海大相模高校の第90回記念選抜高校野球大会(センバツ)優勝を願い、相模が丘地区と東林地区(相模原市南区)の住民らを中心とした地元応援実行委員会の事務所開きが3月3日、行われた。当日は実行委員約60人のほか、大金眞人校長や門馬敬治監督も駆けつけ、7年ぶりのセンバツへ向けて一致団結して士気を高めた。

 同実行委員会(金子匡甫実行委員長)は、地元である東海大相模高校の球児を応援しようと、自治会や商店会などが市境を越えて一体となり設立されたもの。30年ほど前から、同校が甲子園出場を果たす度に応援事務所を開き、声援を送っている。

 今年は同校近く、さがみ循環器クリニックの東に事務所(相模原市南区相南4の11の20)を開設。センバツ初戦の23日(金)から、決勝戦の4月4日(水)まで50インチの大型テレビが設置され、立ち寄った人々が一緒になって同校を応援できる。

7年ぶりの切符

 1月26日にセンバツ出場が決まった同校。優勝を果たした2011年以来、7年ぶりの夢舞台となる。

 事務所開きでは実行委員から門馬監督へ、翠ケ丘出雲神社のお守りが手渡された。同校の大金校長は「(センバツ出場)7年ぶりということで、皆さんお待たせしました。日頃お世話になっている座間と相模原の地域が、甲子園出場で一つにまとまってくださるのは嬉しい」とあいさつした。

 事務所には「頑張れ東海球児」と書かれた横断幕が掲示されている。これは、2015年に夏の甲子園出場を決めた同校のために、名誉実行委員長の坂本文彦さんによって制作されたもの。この年見事優勝を果たしたこともあり、縁起物として今回飾られた。

 坂本さんは「東海大相模はイベントに参加してくれたり、ホールを貸してくれたり、日頃から地域と一体となっている。座間市も相模原市も、垣根を越えて応援したい」と話す。

「まずは初戦」

 7年ぶり10回目のセンバツ。門馬監督は「甲子園までの道のりは険しいが、そこからはもっと険しい」と気を引き締める。キーマンとして挙げたのが、小松勇輝遊撃手。走攻守三拍子揃った1番打者で、主将も任されている。門馬監督は「何よりも初戦。無理のない野球をしたい」と話した。

 事務所の運営時間は午前10時から午後6時。大会期間中はスタッフが常駐し、自由に立ち寄れる。期間中の問合せは同事務所【電話】042・705・8588。

座間版のトップニュース最新6件

関東8強で全国へ

吉原道場(入谷)

関東8強で全国へ

9月14日号

「がんばる企業」に認定

市内2社

「がんばる企業」に認定

9月14日号

新任教諭に救命講習

市私立幼稚園連絡協議会

新任教諭に救命講習

9月7日号

20周年機に体験企画

和太鼓音楽集団勇舞会

20周年機に体験企画

9月7日号

「在勤者」入団へ調整

座間市消防団

「在勤者」入団へ調整

8月31日号

2チームが全国へ

サイ・ダンスフィールド

2チームが全国へ

8月31日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

曼珠沙華、間もなく見頃

かにが沢公園

曼珠沙華、間もなく見頃

9月23日 鑑賞のつどい

9月23日~9月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク