座間版 掲載号:2018年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

太公望にんまり アユ活況 過去最高の遡上数

経済

試し釣りする同組合員=5月26日撮影
試し釣りする同組合員=5月26日撮影

 初夏を告げる風物詩「相模川のアユ釣り」が、きょう6月1日に解禁を迎えた。今年は過去最高の遡上数が確認され、多くの太公望の姿が見られそうだ。

 市内外から釣り好きが集まる相模川。今年はアユの魚影が濃く、「過去最大級の当たり年では」と期待が高まるデータが集まっている。

 アユの遡上状況を確認するため地元の漁業協同組合員が毎年4月初めから6月にかけて相模大堰(海老名市社家)で群れの数を目視でカウントしている。今年は5月13日時点で遡上数が約4530万尾となり、1999年の観測以来、最大だった2002年(2185万尾)の倍以上を記録した。

 正確な激増理由は分からないものの、相模川第2漁業協同組合では、「昨年11月の台風により、川が増水し卵が大量に下流に流された。海に出てからの生活環境は分からないが、うまい具合に生き残れて稀に見る遡上になったと思う」と分析する。

 5月26日にはアユの状況を確かめる「試し釣り」が座架依橋付近で行われ、組合員3人がコロガしという釣法を行い、朝8時30分からの3時間で120尾が釣れた。平均は12g10cmほどでやや小ぶり。「数の分だけ軽重が遅れているかも。これからの天気によりアユのエサである藻が育ち、成長することに期待したい。いずれも、釣り人たちが楽しめるのは間違いない」と同組合。

天然モノ確認

 試し釣りでは、エラ近くの黄色い模様や、赤く色づいたアブラヒレなど、天然もの特有の証も確認された。

 アユ釣り期間は10月14日までで、シーズン中もアユの放流が行われるという。釣りをするために必要な遊漁券(1日1500円)は川沿いのコンビニや付近の釣具店などで販売されている。

 またエリアにより友釣りやコロガシなど手法が限定されているので、同組合ホームページやチラシ・ポスターなどで確認のこと。

 問合せは同組合【電話】046・210・3033。
 

残暑お見舞い申し上げます

人と環境に優しい住まいづくり

きめ細やかな技術とサービスで内装工事をいたします

http://www.tosikougei.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

残暑お見舞い申し上げます

JAさがみ

JAさがみは都市農業を守り、皆さまの営農と暮らしに貢献します

http://ja-sagami.or.jp/

9月21日、定期演奏会開催

ジャズ愛好家のアマチュアビッグバンドです

http://www.zama-bbjo.com/

県央経営者会

自然と地域経済が共存共栄した、未来都市の創造を目指しています

http://www.kenou-k.jp/

生き残らなければ何も始まらない

市民の危機管理を考える団体です

https://zsvn.jimdo.com/

地域のビジネスを支えるサポータ

経営の相談・ご支援 創業についてのご相談を承ります。

https://www.zamashisyoukoukai.com/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月10日号

お問い合わせ

外部リンク