座間版 掲載号:2018年6月15日号
  • googleplus
  • LINE

大塚正子さん(栗原中央) 夕暮れとタンク描き入賞 中美神奈川支部展で

文化

大塚さんの作品「明日の予感」
大塚さんの作品「明日の予感」
 栗原中央在住の大塚正子さん(68)が6月5日、第21回中美神奈川展で入賞を果たした。芹沢公園近くの水道タンクを描写。51点の作品から、県知事賞、教育長賞に次ぐ神奈川新聞社賞を受賞した。

 中央美術協会神奈川支部主催の美術展。今年は公募で51点の力作が集まった。

 毎朝芹沢公園でのラジオ体操に参加していた大塚さん。同公園近くの水道タンクが目に入り、「朝日や夕日が当たるといい感じだな」とその存在を気にしていたという。同支部主催の美術展を知り、50号(116・7cm×80・3cm)での制作を決意。「構図と色の質感にこだわった」と話す。

 美術展での入賞は初めて。受賞の知らせを受け、「賞なんてとんでもない」と驚いたという。審査員からは「日常生活の中で夕暮れ時はハッとする瞬間。日常を切り取っていたのがよかった」と講評された。

 40代の頃、「夫の影響で絵を習い始めた」という大塚さん。市内を拠点に活動する美術家の交流組織「座間市アーティストファイル」に加盟し、市内のギャラリーで夫婦2人展を開くなど、仲良く絵描きを楽しんできた。

 7月11日(水)から16日(月・祝)までは、同団体による作品展「第8回座間・アートの今展」が、ハーモニーホール座間1階ギャラリーで開かれる。大塚さんは今回の受賞作品を出展するつもりだ。

 「自分で美しいと思うものを作品で表現したい。少しでもいい絵を描きたい」と語った。

 時間は午前9時半から午後5時(16日は4時まで)。入場無料。問合せは市生涯学習課【電話】046・252・8476。

表彰状を手にする大塚さん
表彰状を手にする大塚さん

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

豪雨被災地へ支援を

災ボラ・社協市自連

豪雨被災地へ支援を

7月13日号

座間場所から3人、全国へ

わんぱく相撲

座間場所から3人、全国へ

7月13日号

子どもの交通安全守る

おやじの会ら

子どもの交通安全守る

7月6日号

買物代行など選択広がる

訪問型家事援助サービス

買物代行など選択広がる

7月6日号

激動時代の市教育史刊行

県民功労者表彰受ける

城条洋子さん(相武台)

県民功労者表彰受ける

6月29日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

戦争と平和展

相武台公民館

戦争と平和展

高座海軍工廠の資料も

7月25日~8月19日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク