座間版 掲載号:2018年9月28日号
  • LINE
  • hatena

座間市 地価上昇ゆるやかに 最高値はおださが駅前

経済

 神奈川県は9月18日、県内の基準地価(7月1日時点)を発表。座間市は住宅地・商業地・工業地のいずれも前年比でわずかに上昇した。

 基準地価は、土地取引の指標となる1平方メートルあたりの価格。県内927地点で調査を行い、座間市では住宅地9地点、商業地1地点、工業地1地点が対象となった。

 座間市の住宅地の平均価格は、前年比0・2%増の14万3300円。開発が進む小田急相模原駅前を含む相模が丘地域での上昇がみられた。市内で最も上昇したのは相模が丘5丁目434番4の地点で1・9%増(21万7000円)、次いで1・1%増の相模が丘5丁目765番14(18万6000円)、同じく1・1%増の小松原1丁目5175番4外(9万3000円)、0・7%増のひばりが丘3丁目692番17(14万6000円)と続いた。

 唯一減少となったのが、新田宿字中島733番2の地点で、0・6%減(5万3900円)。栗原中央1丁目、入谷4丁目、西栗原2丁目、座間1丁目、緑ケ丘3丁目などの残りの地点は全て横ばいだった。

 商業地は1・9%増の21万7000円。工業地も1・1%増の9万3000円といずれも上昇となった。

二極化進む

 神奈川県全体では、住宅地は横ばい(17万7800円)だったものの、商業地が2・0%増(55万1600円)、工業地が2・2%増(10万4500円)だった。都心接近性に優れた駅徒歩圏で地価が上昇している一方、地方は低迷するという二極化がみられた。

マンション開発が進む小田急相模原駅前
マンション開発が進む小田急相模原駅前

座間版のトップニュース最新6件

走って新時代を祝う

モノづくりの楽しさ知る

11月30日に開業

相鉄・JR直通線

11月30日に開業

4月12日号

芥川薫氏が2期目

県議会選挙座間市選挙区

芥川薫氏が2期目

4月12日号

子育て支援センター移転

新1年生にリーフレット

座間交通安全協会

新1年生にリーフレット

4月5日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

チャリティコンサート

チャリティコンサート

サロンZAMA

4月27日~4月27日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク