座間版 掲載号:2018年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

市消防団第5分団 日本一へ、いざ出陣 19日に全国消防操法大会

スポーツ

日本一をめざす第5分団のメンバー
日本一をめざす第5分団のメンバー
 座間市消防団第5分団(新田宿・四ツ谷/大矢恵介分団長)は10月19日(金)、富山県で開催される「第26回全国消防操法大会」の「ポンプ車操法の部」に、神奈川県代表として出場する。10月8日には激励の集いが座間市消防本部で開催され、県内の消防関係者が多数出席。選手にエールを送り、悲願の日本一へ向けて後押しした。

「オール座間」で後押し

 2年に一度行われるこの大会は、全国各地の予選を勝ち上がった消防団が、日ごろの訓練で培った消火技術を競うもの。今回、同分団が出場するポンプ車操法の部は、23チームで競う。

 5人一組で行うポンプ車操法の部は、第1線・第2線と呼ばれる2本の消防ホースの延長、接続などをすばやく行い、標的に向かって放水する競技。タイムや動作の正確性といった技術面のほかに、各隊員の士気、チームワークなども評価対象となっており、200点満点で評価される。

 激励のつどいでは、選手が県大会からさらにレベルアップした演技を披露。テキパキした動きに、会場からは声援が送られた。

 遠藤三紀夫市長は「素晴らしい演技で胸高まる。全国で神奈川の消防団を大いに知らしめて」と選手に語りかけた。

 そのほか、座間市消防本部の職員が、まとい振りを披露。「集」「大」「成」の3文字が頭上高くに掲げられ、選手を激励した。

スピードに磨き

 県大会を圧倒的な速さで制した同分団。頂点をめざし、スピードにさらに磨きをかけてきた。県では第1線50秒台、第2線61秒台だったタイムは、第1線で48秒台、第2線で58秒台にまで短縮。悲願の全国制覇は射程圏内だ。出場メンバーの星野圭祐さんは「全国で勝つには、スピード感が必要。タイムにはこだわってきた」と語る。

 全国の舞台には「忘れ物」がある。4年前、座間市から県代表として出場した第3分団が準優勝。優勝にあと一歩届かなかった。

 「チームワークと若さが武器。今までの厳しい訓練の成果を全力で出し切れば、自然と結果はついてくる」。星野さんは力強く語った。

 第5分団のメンバーは以下の通り。敬称略。▽指揮者/的場真吾(30)▽1番員/川副和志(25)▽2番員/星野圭祐(24)▽3番員/宇佐美優輔(32)▽4番員/桑原優起(37)▽補助員/佐藤知之(25)

10/14家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

2年連続関東GPへ

座間高軽音部

2年連続関東GPへ

10月12日号

100m走で世界一

宮本義久さん(相模が丘)

100m走で世界一

10月5日号

丸山不動尊の謎に迫る

座間ニア検定100回記念

丸山不動尊の謎に迫る

10月5日号

BMX高みめざし鍛錬

渡邉佑太さん(座間中1年)

BMX高みめざし鍛錬

9月28日号

地価上昇ゆるやかに

座間市

地価上昇ゆるやかに

9月28日号

AINOちーむに栄冠

ママチャリグランプリ

AINOちーむに栄冠

9月21日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

集え、パフォーマーよ

集え、パフォーマーよ

第2回コンテスト

11月18日~11月18日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク