座間版 掲載号:2018年11月9日号
  • LINE
  • hatena

ルミエール講演会 発達障害の理解深める 関心高く多数申込み

教育

メモを取りながら熱心に講演を聞く参加者ら
メモを取りながら熱心に講演を聞く参加者ら

 座間市発達支援親の会「ルミエール」主催の講演会「ディスレクシアって何?」が10月31日、サニープレイス座間で行われた。定員50人に対して20人以上がキャンセル待ちとなり、関心の高さを伺わせた。

 ルミエールは子どもの成長の偏りなどで、学校や家庭で支援を必要としている親子のサポートや居場所作りを考える会で、2カ月に1回の割合で茶話会を開催し、年に2回ほど勉強会を開催している。

 「友だちと上手にコミュニケーションをとれない」「学校生活になじめない」といった子どもを持つ親や、発達障害の子を育てる親など同じ悩みを持つ者同士が集まり、情報交換の場として2016年に設立され、17年から活動している。

 発達障害は自閉症やアスペルガー症候群、LD(学習障害)、ADHDなど様々あり、その症状は人によって異なる。

 講演会は星槎大学特任教授で認定NPO法人エッジ会長の藤堂栄子さんを講師に招き、「ディスレクシアって何?〜LD/読み書き困難を疑似体験しよう」をテーマに行われた。

 ディスレクシアとはLDのひとつで、知的には問題はないものの、読み書きの能力に著しい困難を抱える障害。

 講演では、ディスレクシアのメカニズムや特徴などを紹介、「読む」行為の困難さとそれに伴う「書く」ことへの影響など実例を挙げていた。擬似体験も行われ、参加者らは授業を模した状況で、問題に挑戦。ディスレクシアの子どもが見ている世界を体験し、参加者の多くは「読むのは無理」と途中で諦めてしまうこともあった。

 自身もディスレクシアであるとする藤堂さんは、体験談を紹介。大学入試や卒業論文など全て「ひらがな」で書いたことや、音声を利用して理解を深めたことなどを語った。講演後の質疑応答では、子育ての質問が多く上がり、最新の研究結果や対策方法などを紹介しながら、藤堂さんは「それぞれのお子さんで症状が違います。不得意なことを補完できることを、それぞれにあった学習方法を探してください」と話していた。

 茶話会など今後の日程などルミエールへの問合せはEメールで。【メール】lumiereh281116@gmail.com

座間版のトップニュース最新6件

440人参加で賑わう

第19回子育てフェス

440人参加で賑わう

3月22日号

孤立にさせないために

新生SC 開幕戦ドロー

削る楽しさに魅了され

相武台在住福本さん

削る楽しさに魅了され

3月15日号

82チーム404人参加

座間市駅 伝

82チーム404人参加

3月8日号

交流通じ国内外を意識

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ホールコンサート

ホールコンサート

栗原コミセン

3月23日~3月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク