座間版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

「夢をあきらめないこと」 Jリーガー武藤選手 地元で講演

スポーツ

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena

 座間市出身のJリーガー武藤雄樹選手が1月10日、座間市立旭小学校(泉田裕校長)を訪れ、児童たちの前で「夢」をテーマにした講演を行った。「大事なのは夢をあきらめないこと」と語り、自身の体験も交えながら夢を実現するために必要なことを話した。

 J1リーグ浦和レッドダイヤモンズに所属し、日本代表にも選ばれた武藤雄樹選手は立野台小、栗原中を卒業。小学生の時に所属していたFCシリウスで指導を受けた泉田裕先生が現在、旭小の校長を務めていることから今回の講演が決まった。

 武藤選手は、「Jリーガーの多くが高校、大学で全国大会に出場し活躍してプロになるが、自分は全国大会に出ることができなかった」と話し、そしてプロのコーチから「君はプロでは通用しない」と言われたことも明かしながら、「それでもJリーガーになるという夢をあきらめなかった。大事なのは、あきらめないこと。そのためにはたくさんの壁があるけど、一つずつ乗り越えるしかない」と児童たちに訴えかけた。

 児童たちから「サッカー以外で得意なことは何ですか」「緊張しませんか」「好きなことは何ですか」などの質問があり、武藤選手は「得意なことはボウリングかな。それと料理かも」と答え、先日奥さんの誕生日に初めて料理をしたことを話し、「たった3品作るのに3時間もかかっちゃった。でも美味しいって言われてうれしかったし、引退したら料理しようかなってちょっと思ったんだ。もしかしたら、これから得意になるかもしれないからね」と笑って答えていた。ほかに「4万人の前でプレーするけど、いいプレーしないとすごいブーイングになる。緊張しないように、良いことだけをイメージする。ゴールを決めているシーンやヒーローインタビューの言葉とかを考えて、いつでもポジティブな気持ちに」と話していた。

 「人生の主役は自分。どんな人でも、苦しみを通り抜けない勝利はない。挫折してもあきらめずに、夢に向かってがんばってほしい」と児童たちにエールを送った。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク