座間版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

相鉄・JR直通線 11月30日に開業 乗換回数の減少・所要時間の短縮に

社会

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena

 相模鉄道(株)と東日本旅客鉄道(株)で進めている取り組み「相鉄・JR直通線」が、今年11月30日に開業すると発表された。これにより、さがみ野駅や、多くの座間市民が利用する始発駅”海老名駅”でも利便性の向上が図られることになる。

 「相鉄・JR直通線」は、相鉄線・西谷駅と新駅の羽沢横浜国大駅間に新たに連絡線を設けることで、相鉄線とJR線の相互直通運転を実施するもの。神奈川県央部と東京都心部の直結によりさらなる広域鉄道ネットワークが構築され、所要時間の短縮や乗換回数の減少といった利便性の向上が期待されている。

 これまでさがみ野駅や海老名駅から相鉄線を利用し渋谷や新宿など東京方面に向かう場合には、横浜駅を経由する必要があったが、直通線が開通すれば乗り換えることなく1本で行くことが可能になる。乗換回数の減少により所要時間が短縮されるだけでなく、始発駅の海老名駅は座れる可能性も高まるため、快適な電車利用が実現する。

 開通は11月30日で、運行頻度(片道)は朝のラッシュ時には1時間に4本程度、その他の時間帯は2〜3本程度を予定している。

 さらに相模鉄道では、羽沢横浜国大駅から新駅の新横浜駅(仮称/現在の新横浜駅付近に新設)を経由し東急東横線・目黒線の日吉駅までの区間を結ぶ連絡線を新たに設け、相鉄線と東急線が相互直通運転を行う「相鉄・東急直通線」の開業も2022年度下期に予定。この路線を活用すれば、横浜駅を経由することなく海老名駅から東海道新幹線の停車駅である新横浜まで行くことができるため、新幹線へのアクセスもこれまでより大幅に向上する利点がある。

専用車両は今春運行予定

 すでに相模鉄道では相鉄・JR直通線用の新型車両「12000系」の完成を発表しており、同車両はかしわ台車両センター(相鉄線かしわ台駅構内)に輸送されている。

 能面をイメージしたデザインで相鉄線初となる前方監視カメラ・車内防犯カメラの搭載、ホームドア設置駅での自動停車可能な装置への対応がなされている。4月20日から運転を開始する。

専用車両の「12000系」
専用車両の「12000系」

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク