座間版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

チャレンジデー機に交流深める 福岡県大牟田市と情報交換

社会

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
オープニングイベントで体操に取り組む参加者
オープニングイベントで体操に取り組む参加者

 住民参加型のスポーツイベント「チャレンジデー」が5月29日、世界各地で行われ、座間市も参加した。5回目の参加となった座間市は今回、対戦相手の福岡県大牟田市とイベントだけでなく、互いが取り組んでいる施策についての情報交換も行い、交流を深めた。

 当日午前0時から午後9時の間に、市内で15分以上運動した人の数(参加率)を競う住民参加型のスポーツイベント「チャレンジデー」。イベントは、世界規模で行われ、世界中の人口規模が同じ自治体同士による熱戦が繰り広げられた。

 今回、座間市の対戦相手となったのは、福岡県大牟田市。対戦結果は、座間市の参加率が53・4%、大牟田市の参加率が69・8%となり、軍配は大牟田市にあがった。

 そんな中、座間市では、イベント以外のところで大牟田市と交流を深める場面があった。

 座間市介護保険課の職員は、国や県が主催する研修や勉強会などで、大牟田市のことを、認知症対策に積極的に取り組んでいる自治体の好事例として知っていたという。そこで、何かしらの形でつながりが持てないかと、チャレンジデーの担当であるスポーツ課を通して働きかけたところ、大牟田市が取り組んでいる「認知症ケアコミュニティ推進事業」などに関する資料を同市の担当課から受け取ることができたという。一方、大牟田市からは、座間市が積極的に取り組んでいる生活困窮者自立支援事業について教えてほしいという依頼があり、同様に関連する資料などを送付したという。その後、両市の課長間で、今後機会があれば、何らかの形で交流を深めていく意思を確認し合ったという。

 これまで座間市は、チャレンジデーに4回参加していたが、今回のように、互いが取り組んでいる施策について情報交換などを行ったのは、初めてのことだという。

 座間市の介護保険課では受け取った資料を参考にしながら、座間市で生かせる部分は生かして、よりよい施策ができるようしていきたいとしている。

座間版のトップニュース最新6

避難者1000人強

台風19号

避難者1000人強 社会

人的被害なし

10月18日号

「就労前の支援」が評価

はたらっく・ざま

「就労前の支援」が評価 社会

日本協同組合学会賞を受賞

10月18日号

公共施設再整備案を公表

座間市

公共施設再整備案を公表 社会

各地説明会後パブコメ

10月11日号

アライグマ捕獲年々増加

アライグマ捕獲年々増加 社会

生態系に多大な影響

10月4日号

「認知症は生活習慣病のうち」

特別企画

「認知症は生活習慣病のうち」 社会

「全市民規模で」見守る

10月4日号

10月から新運行開始

コミュニティバス

10月から新運行開始 社会

病院アクセスしやすく

9月27日号

「人が来る理由をつくる」

「人が来る理由をつくる」 社会

座間駅前で新イベント

9月27日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「そのままでいい」

「そのままでいい」

家庭教育講座 参加者募る

10月25日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

座間版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク