座間版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

住まい探しをサポート 市と法人がタッグ組み

社会

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena

 座間市は様々な理由で住まい探しに困っている人を支援するために『居住支援推進事業』を7月1日からスタートさせた。居住支援法人「ワンエイド」(松本篝理事長)に委託して実施する。生活困窮者の居住を支援する事業は、政令指定都市を除いて県内では初の取組み。

 安心した生活を送るため必要な安定した住居だが、高齢者や障害者、一人親家庭、保証人がいないなど資金があっても入居を断られるケースがある。この状況は少子高齢化が進む社会の中、誰もが直面するかもしれない社会問題になりつつある。また、就職したい人にとっても履歴書など居住の有無は大切で、“住まい”は生活の中で重要な基盤の一つ。

 この重要な基盤である“住まい”で困っている人をサポートするのが「居住支援推進事業」。住まいのことで相談してきた市民に対し、物件の紹介や契約の同行、安否確認などを行う「見守りサービス」を紹介。そのほか、ごみの片づけなど「生活のサポート」も紹介する。市役所での相談などは無料。生活を支援するサービスは有料。こういった支援をワンエイドとともに行う。

 居住支援法人「ワンエイド」はこれまで、居住という“住まい”の課題を解決するために、利用者と大家を結びつける活動や住まいに関わる団体などと折衝し、「住まいを提供しやすい」「住まいを借りたい」環境を構築してきた。また住まいだけでなく“暮らし”の支援も続けてきて、フードバンクや買い物や見守りなどの生活サポートも実施している。

 ワンエイドの松本篝(かがり)理事長は「居住の問題には、多様で複合的な課題がある場合があります。市と連携して一人ひとりに寄り添った支援を行っていきたい」と話している。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク