座間版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

住まい探しをサポート 市と法人がタッグ組み

社会

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena

 座間市は様々な理由で住まい探しに困っている人を支援するために『居住支援推進事業』を7月1日からスタートさせた。居住支援法人「ワンエイド」(松本篝理事長)に委託して実施する。生活困窮者の居住を支援する事業は、政令指定都市を除いて県内では初の取組み。

 安心した生活を送るため必要な安定した住居だが、高齢者や障害者、一人親家庭、保証人がいないなど資金があっても入居を断られるケースがある。この状況は少子高齢化が進む社会の中、誰もが直面するかもしれない社会問題になりつつある。また、就職したい人にとっても履歴書など居住の有無は大切で、“住まい”は生活の中で重要な基盤の一つ。

 この重要な基盤である“住まい”で困っている人をサポートするのが「居住支援推進事業」。住まいのことで相談してきた市民に対し、物件の紹介や契約の同行、安否確認などを行う「見守りサービス」を紹介。そのほか、ごみの片づけなど「生活のサポート」も紹介する。市役所での相談などは無料。生活を支援するサービスは有料。こういった支援をワンエイドとともに行う。

 居住支援法人「ワンエイド」はこれまで、居住という“住まい”の課題を解決するために、利用者と大家を結びつける活動や住まいに関わる団体などと折衝し、「住まいを提供しやすい」「住まいを借りたい」環境を構築してきた。また住まいだけでなく“暮らし”の支援も続けてきて、フードバンクや買い物や見守りなどの生活サポートも実施している。

 ワンエイドの松本篝(かがり)理事長は「居住の問題には、多様で複合的な課題がある場合があります。市と連携して一人ひとりに寄り添った支援を行っていきたい」と話している。

座間版のトップニュース最新6

生活困難者と店舗繋ぐ

生活困難者と店舗繋ぐ 社会

冊子づくり進行中

8月23日号

社福同士の連携強化へ

社福同士の連携強化へ 社会

情報交換会を初開催

8月23日号

市情報に従って行動を

台風シーズン到来

市情報に従って行動を 社会

「警戒レベル」参考に

8月16日号

マンホールカードを発行

座間市初

マンホールカードを発行 社会

「下水道を身近に感じて」

8月16日号

「ここを踏ん張ろう」

三村俊資監督に聞く

「ここを踏ん張ろう」 スポーツ

ベスト16 座間高野球部

8月9日号

「こわいお話いかが」

「こわいお話いかが」 教育

図書館が1日お化け屋敷に

8月9日号

猛打爆発 11度目の県V

東海大相模

猛打爆発 11度目の県V スポーツ

決勝戦最多の24得点

8月2日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「オダサガ」でちょい呑み

「オダサガ」でちょい呑み

28日、29日の2日間

8月28日~8月29日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク