座間版 掲載号:2019年8月30日号 エリアトップへ

新地真美夏選手相模野小6年 ゴルフ全国優勝 昨年の雪辱果たす

スポーツ

掲載号:2019年8月30日号

  • LINE
  • hatena

 市内広野台在住の新地真美夏選手(相模野小6年)は8月9日、「2019年度全国小学生ゴルフ大会」(兵庫県/芦屋カンツリー倶楽部/パー72)に出場し、2バーディーの70で回り、2アンダーで初優勝を果たした。

 全国各地から予選を勝ち上がってきた小学生45人が参加した国内最高峰の同大会(日本ゴルフ協会主催)。

 昨年も同大会に参加し18位だった新地選手は、「優勝」を目標に挑んだ。10番ホールからスタートし前半はノーボギーのパープレーで折り返す。前半が終わった時点でトップは1アンダー。新地選手は「大丈夫。優勝できる」と確信を持っていた。

 後半は4番のロングホールで初バーディーを奪い、トップと並ぶ。そして最終ホールの9番。多くの選手がアイアンを使う打ちおろしのミドルホールで迷わずドライバーを抜いた。「練習ラウンドの時からドライバーを使おうと思っていました。当日も優勝がかかっていたからではなく、予定通りの選択です」という。

 ドライバーから打ち出された球はグリーンまで40ヤードの絶好のポジションで止まった。練習を重ねてきたアイアンでピンまで1m強に寄せると、得意のパットでカップに沈め、今大会2つ目のバーディーを奪った。

 優勝成績はノーボギー2バーディーの2アンダー。2位の1アンダーは7人と大接戦の大会だった。今大会を振り返り、「上手くいかないことが多かったけど、攻め続けられたのが良かった」とコメント。優勝が決まった瞬間は「ちょっとうれしかった」という。「思い通りにできなかったこともあり、納得できるプレー内容ではなかった。もっと練習しないと」と話した。

 今後の目標は今年11月に行われる全日本小学生ゴルフトーナメントと、来年の日本ジュニアゴルフ選手権での優勝。

 新地選手は8月27日、遠藤三紀夫座間市長に全国優勝の報告を行った。遠藤市長は「本当にびっくりです。次に向かって心身ともに成長してほしい」とエールを送った。

「うれしい報告をありがとう」と遠藤三紀夫市長
「うれしい報告をありがとう」と遠藤三紀夫市長

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク