座間版 掲載号:2019年10月25日号 エリアトップへ

東海大相模遠藤 成選手 憧れのプロへ夢“成”就 阪神からドラフト指名

スポーツ

掲載号:2019年10月25日号

  • LINE
  • hatena
同級生らに担がれ満面の笑みを浮かべる遠藤選手=10月17日 東海大相模
同級生らに担がれ満面の笑みを浮かべる遠藤選手=10月17日 東海大相模

 プロ野球ドラフト会議が10月17日に開かれ、東海大相模高校(相模原市南区相南)の遠藤成(じょう)選手(3年)が、阪神タイガースから4位で指名を受けた。遠藤選手は「熱烈なファンのいる球団。本拠地の甲子園球場で活躍する姿を見せたい」と早くも意気込んでいる。

 父と兄の影響で、小学生から秋田の地で野球を始めた遠藤選手。小学校時代は秋田県大会3位、中学校時代はリトルシニア全国選抜大会に出場した。高校は故郷から遠く離れた東海大相模に進学。寮に住み、野球漬けとなる生活を自ら選んだ。

 全国から選手が集まる同校でも1年生からベンチ入り。強肩強打の内野手として、また最速145キロを誇る投手として二刀流で活躍。甲子園にも2度出場し、18歳以下日本代表にも選出された。

 ドラフト指名後に開かれた記者会見には秋田県から父・成人さん(48)、母・道代さん(49)も来場。感極まった様子で息子の晴れ姿を見守った。

 会見に臨んだ遠藤選手は「指名を受けることができ、ここから新しいスタートが始まる。自分の心をしっかり持って頑張っていきたい」と力強く語った。プロ野球選手になることは、幼い頃からの夢。名前の由来どおり見事に成就させた。

 東海大相模には、泥臭さや這い上がろうとする強い心を成長させてもらったと語り、「サガミの誇る『アグレッシブベースボール』を、次のステージでも続けていきたい。プロではショート一本で勝負。子どもたちに目標にしてもらえる選手になりたい」と笑顔を見せた。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク