座間版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

(社福)足跡の会 身寄りない遺骨を埋葬 4月から協働でセミナー

社会

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena
合祀墓地いにしえ=提供写真
合祀墓地いにしえ=提供写真

 社会福祉法人足跡の会(溝渕信一理事長)はこのほど、引き取り手のない残された遺骨を埋葬する墓地・古(いにしえ)を座間市内に完成させ、12月から開所する。溝渕理事長は、「行き場のない遺骨を無くし、速やかに適切な場所に安置できるようにしたい」と話している。

 同会は2000年の設立以来、「行き場のない遺骨を土に返そう」をテーマに、無縁墓地に係る事業と生活困窮者に対する葬祭事業を行ってきた。16年からは社会福祉法人に事業移管し、公営事業として合祀墓地の経営、生活困窮者に対する無料または低額での葬祭事業を実施している。

 身元不明など身寄りのない遺骨は、各自治体や高齢者施設、葬儀社などで一時的に預かり、その後、自治体が管理する墓地に埋葬されることが多い。身元が分かっていても生活困窮などのため、お墓を持つことができない場合、同じようにお墓ではない場所で預かってもらうこともある。引き取り拒否も同様となる。

 新しく開所する施設では、身寄りのない人が困らないように受け入れる体制を整えるとともに、来年4月からは座間市と協働で、無縁遺骨にならないようなセミナー開催やリーフレット作成などを通して啓発活動を行っていく予定。市では「葬儀・お墓のことを考えてもらうとともに、今現在の生活についても考えてもらうきっかけになれば」と話している。

 問合せは足跡の会【電話】046・252・0777(午前10時〜午後5時)へ。墓地は入谷東4の1850の18(座間駅近く)。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク