座間版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

座間養護学校 「凧」通して地域と交流 座間市大凧保存会と

社会

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
凧揚げを楽しむ職員と生徒=1月15日
凧揚げを楽しむ職員と生徒=1月15日

 県立座間養護学校(入谷/山口秀子校長)で1月15日、座間市大凧保存会(近藤昭夫会長)協力のもと、凧揚げが行われた。当日は、子どもたちと同校の職員が保存会のメンバー指導のもと骨組みから制作した凧を自ら楽しそうに揚げる姿が見られた。

 江戸時代から続く座間の伝統行事「大凧まつり」で掲揚される凧を通した地域交流ができないかと模索する中で、実現した今回の凧揚げ。昨夏、座間市大凧保存会のメンバーの指導のもと凧の骨組みを職員が制作。その後、小学部の児童が三尺凧(約90cm四方)のデザインを、中学部と肢体不自由教育部門高等部の生徒が小型の凧のデザインを担当。保存会のメンバーが仕上げた。

 当日はまず、中高生と職員が一緒に小型の凧揚げにチャレンジ。心配された空模様は持ちこたえたものの、風が弱く、長い時間揚がることはなかったが、保存会のメンバーに掲揚のコツを聞きながら、笑顔で凧揚げに取り組む姿が見られた。最後には、保存会のメンバーが三尺凧の掲揚に子どもたちから「頑張ってください」と声援が送られる中挑戦。やはり風が弱く、空高く舞うシーンはなかったが、大いに盛り上がった。山口校長は「地域のみなさんと交流するとても良い機会になった。今後も続けていければ」と話した。

 同校には保存会から同校の校歌に登場する「希望」の2字が揮毫された大凧が寄贈されている。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク