厚木・愛川・清川版 掲載号:2015年1月23日号 エリアトップへ

子どもの声が響くまちに 公益社団法人 神奈川県私立幼稚園連合会会長 小澤 俊通

掲載号:2015年1月23日号

  • LINE
  • hatena

 少子化が言われて何年も経過しました。出生率は相変わらず低位にとどまり、なかなか改善する傾向にありません。このままではいけないと誰もが思っていても、問題を解決する処方箋を示すことが出来ません。 少子化を止める事には時間がかかり、社会の大問題であるにもかかわらず、目の前の出来事に追われる日々で、誰も直視しようとしていないのでしょうか。勿論、解決策は単純ではなく複合的で、時間軸との戦いでもあります。まずは誰もが意識して出来ることから始めたいものです。

 その第一歩は、「子どもたちの声が響く街づくり」ではないでしょうか。

 この頃は幼稚園・保育園を新たに作ろうとすると、近隣住民から反対されるという話を聞きます。理由としては「子どもの声がうるさい。」「お迎えの保護者の車で渋滞する。」等々様々です。

 確かに夜勤が明けて、ゆっくり休もうとされている方には、子どもの声でも騒音になるのでしょう。施設側も、必要以上に音量を上げないとか、外遊びの時間を配慮するなど対応すべきでしょう。お迎えの保護者の方も、交通ルールなどを守り、自分勝手な行動は慎むべきでしょう。

 しかし、子どもの声が聞こえない街ほど寂しいものはありません。やはり寛容の気持ちで受け止めていただけないでしょうか。

 また、電車やバスの中でぐずって泣いている子どもを見かける事があります。母親も迷惑にならないようにあやしていても、どうにも泣き止まない場面もあります。

 そんな場面では母親を一方的に責めるのではなく、寛容の心で受け入れて頂ければ有り難いと思います。

 昨年末、新幹線の中でフランス人と思われるご夫婦をじっと見つめ、笑いかける幼児の姿がありました。そのご夫婦も手を振りながら笑い返し、言葉は通じなくとも心が通いあう一場面を見ました。子どもは不思議な力を持っています。

 これからの社会を支えていくのは、間違いなくこの子どもたちです。未来を託す子どもたちを受け止めてくれる社会が求められています。

 政策を推進することも大切ですが、少子化対策は私たちの意識を変えるという小さな一歩から始まるのかもしれません。

(厚木田園幼稚園・理事長)
 

厚木・愛川・清川版のコラム最新6

横山 実のGOLF LIFE  Vol.7

横山 実のGOLF LIFE Vol.7

【7】冬のゴルフ(後編)

3月5日号

熱 気 人

熱 気 人

2月19日号

こんな時だからこそ

横山 実のGOLF LIFE  Vol.6

横山 実のGOLF LIFE Vol.6

【6】冬のゴルフ(前編)

1月8日号

「タクシーはお客様の命を乗せる」

The Interview

「タクシーはお客様の命を乗せる」

神奈中タクシー(株) 取締役社長 福山 裕さん

1月1日号

持続可能な未来へ向けて

持続可能な未来へ向けて

厚木青年会議所 向島史朗

12月11日号

海老名市今里で宅地18区画販売

海老名の不動産なら株式会社エイト

http://www.8eight.jp/

小児科内科落合院

病児のお預かりもしています。保育・医療事務担当職員募集中

https://www.ochiai-iin.com/

ニチイの医療事務講座

9月1日~10月31日まで受講料が30%OFFに。無料体験説明会も実施

https://www.e-nichii.net/campaign/iryo_reiwastart2019/

「自分でできた!」に導く公文式

いつでも教室減額ができます。お近くの教室は「くもん教室」で検索

https://www.kumon.ne.jp/

屋根修理は妻田南のアイネックス

「雨が漏った」「屋根材が剥がれた」など、屋根や壁の困りごとがあったら連絡を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク